Lightroom内蔵カメラ。価格、解像度、レンズ、重量…知りたいのはそこじゃない。

Lightroom内蔵カメラがあるそうです。Lightroom というのは、デジタルカメラで撮影した写真をRAW現像したり、編集するソフトの1つです。Adobe のクリエイティブツールの1つです。

その Lightroom がカメラに内蔵されているそうなのです。これはこれは、どういうことでしょうか。

Lightroom内蔵カメラ「ZEISS ZX1」が海外で発売に – デジカメ Watch

カメラの名前

そのカメラの名前は ZEISS ZX1 というそうです。いきなり読めませんね。ZEISS はツァイスと読みます。カメラ好きさんならよくご存じのメーカーさんですね。

ZX1 はレンズ一体型のカメラ。富士フイルムでいえば X100シリーズ のいわゆる高級コンデジと呼ばれる分類ですね。

価格

日本での発売は未発表のようですが、アメリカでは税別6,000ドルあたりらしいです。日本円に換算するとだいたい62万…ん?62万円のカメラ?

デジタルカメラで画像編集

最近は、RAW形式で撮影して、カメラ内のRAW現像機能を使って、カメラ内で画像を整えることが簡単になってきています。富士フイルムのXシリーズもカメラ内での現像システムが使えます。

カメラの最高品質を出力できるのは、カメラに内蔵されている画像処理エンジンです。ZEISS ZX1 もカメラの画像処理エンジンで最高品質の画像を出力するために内部に Lightroom を組み込んだということでしょう。

ZEISS の画像処理エンジンに自信を持っているということです。

気になるのは液晶ディスプレイ表示

富士フイルムのカメラでカメラ内RAW現像をすることがあります。カメラの液晶ディスプレイを見ながら調子を整えていくわけです。

画像処理エンジンから最高品質のJPEG画像を出力します。ところが色が違うことがよくあります。液晶ディスプレイの表示は、まだ画像処理エンジンの出力レベルに追いついていないということです。

何度も何度も調整しては書き出したJPEGと比べてみる。この経験を積む必要があります。一発でOKになることはなかなかない。

で、この ZEISS ZX1 の液晶ディスプレイはどうなのかなと。

富士フイルムの解決策

で、富士フイルムさんは、解決策として FUJIFILM X RAW STUDIO というソフトを提供しています。

これは、パソコンのモニターで確認しながらRAW現像作業し、パソコンにつないだカメラの画像処理エンジンで最高品質の出力をする。というシステムです。

カメラ内RAW現像。使ったことがないという人も多いかもしれませんが、慣れると楽しいですよ。

価格、解像度、レンズ、重量…そこじゃない。

つまり、この分野。液晶ディスプレイの精度が最も重要なポイントになります。知りたいのはそこ。液晶ディスプレイ表示と出力JPEGが同じになったのかどうかです。

今日も元気に楽しく

 ZEISS ZX1 | フローに乗ったまま。