京都 妙心寺 東林院にて沙羅双樹の花とお抹茶を堪能。

沙羅双樹の花の色…

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす 奢れる者も久しからず ただ春の夜の夢の如し 猛き人もついには滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ
平家物語の始まりの一句です。 今、平家物語を読んでます。と言っても講談社 21世紀版 少年少女古典文学館の平家物語です。現代の文筆家さんたちがいまの言葉で古典を綴るシリーズです。中高生向けと言うが大人が読んでも楽しめます。  平家物語 上 (21世紀版・少年少女古典文学館)  平家物語 下 (21世紀版・少年少女古典文学館)

東林院 沙羅の花を愛でる会

はかないが故、愛でることができる期間が短い花、沙羅双樹。その沙羅双樹の花をお話しを聞きながら観賞する会があります。「沙羅の花を愛でる会」といいます。 毎年6月15日から30日まで特別公開されています。普段は非公開になっていますのでその期間にしか愛でることができません。 場所は、京都 花園にある妙心寺の中、東林院です。沙羅双樹の寺とも呼ばれています。 沙羅の花を愛でる会の会費1,600円。少々高いと感じられるかもしれませんが貴重な体験です。おいしいお抹茶と和菓子も付いてますよ。 沙羅を愛でる会 抹茶と和菓子

第10回 カメラ散歩

JR花園駅 京都 JR花園駅を降りて歩いてすぐのところに大本山妙心寺はあります。日本最大の禅寺なのだそうです。 上の地図を見るとわかりますが、かなりの広さです。南は花園駅から北は竜安寺まで続いています。その中に46の塔頭があります。中の道は生活道になっているので普段から歩くことができます。 歩いてるだけでも心地よいです。

塔頭

塔頭(たっちゅう)は、禅宗寺院で、祖師や門徒高僧の死後その弟子が師の徳を慕い、大寺・名刹に寄り添って建てた塔(多くは祖師や高僧の墓塔)や庵などの小院。門徒らによって立ち並ぶ塔の中でも首座に置かれたこと、あるいは、門徒らが塔のほとり(=「頭」)で守ったことから塔頭と呼ばれたなどの説がある。  Wikipedia
南総門から入ってぐるっと中を回るのもオススメですが、東林院「沙羅の花を愛でる会」を直接目指すなら南総門より少し東にある門から入ると近いです。 今回はぐるっと一週回ってみました。

妙心寺山内を歩く

妙心寺山内を歩く 妙心寺山内を歩く 妙心寺山内を歩く 妙心寺山内を歩く 妙心寺山内を歩く

沙羅の花を愛でる会

沙羅その花を愛でる会 入口 さて東林院の中に入ります。足下に銀盃草が咲いています。とてもかわいい花ですよ。踏まないように注意して進みましょう。 銀盃草 沙羅の花を愛でる会 沙羅の花を愛でる会 沙羅の花を愛でる会

イメージ動画

音あり:約2分 https://youtu.be/8TdapeRjIpU 思いの外天気が良すぎて、いやこの場合悪すぎてと言ったほうが良さそうですね。ちょっと撮影には向かない天候でした。また後日雨の日に行こうと思っても期間限定の特別公開なのでダメですね。また来年行くか。]]>