FUJIFILM Xマウントレンズ

銘匠光学 TTArtisan35mmF1.4 単焦点 Xマウントレンズ。

単焦点レンズなのに1万円弱...そんなことあるの?

そんなことがあるらしい。

草花写真を撮るときによく使っているレンズは、富士フイルムの XF50mmF2 というレンズです。APS-Cミラーレスの50mm なので、35mm換算でいうところの 75mm あたりになります。いわゆる中望遠のレンズ。

自分自身と草花の距離感がちょうどしっくりくる焦点距離なので、常用するようになりました。

最近、少し画角を広げて XF35mmF1.4 を使っています。

ミラーレス一眼カメラを X-E4 に変えました。ということで、初心に戻って XF35mmF1.4 から使い始めていたわけです。

このレンズ。
使ってみるとやっぱり良い。
とても心地良いのです。

富士フイルムのミラーレス一眼を始めたなら、ぜひ使ってみて欲しいレンズです。

そういわれましても、お高いレンズですし、ズームレンズがありますし、違いがよくわからないですし...。

と思うかもしれません。

確かにね、ズームレンズがあればいろいろ便利に撮ることができますもんね。でも、まぁそう言わずに、1度カメラに単焦点レンズというものをつけて覗いてみてください。

近ごろはレンズを貸してくれるレンタルやさんもあります。レンタル程度の価格で購入できる単焦点レンズも増えてきましたよ。

これは、銘匠光学TTArtisanというブランドのレンズです。
焦点距離と開放絞り値は、先ほどご紹介した富士フイルム純正 XF35mmF1.4 と同じ 35mmF1.4 のレンズなのです。

1万円弱で、そんなレンズが手に入る時代になりました。

但し、ピント合わせは自動ではありません。
マニュアルフォーカスです。

マニュアルフォーカスは苦手ですか。
でも、草花写真を撮るならマニュアルフォーカスのほうが画作りしやすかったりします。
ピントを合わせる位置を瞬時にいろいろ試すことができます。

ちなみに、純正の XF35mmF1.4 のお値段は

こんな感じです。
かなり差がありますね。

あ〜、でもやっぱり XF35mmF1.4 を使って欲しいなぁ...

今日も元気に楽しく

-FUJIFILM Xマウントレンズ
-, , , , ,