blog & note

WordPressのプレビューができない時の対処法。

記事が存在しません

WordPressで記事を書いている途中で確認することがよくある。公開ツールの所に「プレビュー」ボタンがあるので、公開する前に記事の表示を確認することができて便利です。
そのプレビューができないというケースがあるようです。

WordPressの一般設定でドメインを変更したり、ディレクトリ変更をしたり、URLが変わったときに起こるようです。また、WordPressのシステムの「wp-config.php」というファイルを他のサイトからそのまま持ってきて再利用している場合にも起こるようです。

解決策

プレビューできない原因は、先に書いた「wp-config.php」の中の認証ユニークキーです。認証ユニークキーをユニーク(固有)のものに書き換えることで解決できる場合があります。

認証用ユニークキーとは?

WordPress バージョン2.6から採用されたもので、ユーザーの Cookie に保存される情報をより強固な暗号化で守るための仕組みです。V2.6の時は3種類でしたが現在はもう少し増えて8個にになっています。
この認証用ユニークキーが他のサイトと同じであたり、デフォルトのままになっていたりすると記事のプレビュー機能が働かなくなるようです。公開前に確認作業ができないのは不便です。下記の方法で対策してみてください。

wp-config.php

まず、修正が必要なファイル「wp-congig.php」をダウンロードします。不安なら元のファイルを残しておきましょう。

認証用ユニークキーの取得

秘密鍵
認証用ユニークキーの修正

 認証用ユニークキー オンラインジェネレーター
こちらのオンラインジェネレーターにアクセスすると固有の文字列を取得できます。

「wp-config.php」の認証用ユニークキーの箇所を取得した8行の文字列に書き換えて保存します。

この認証用ユニークキーを変更すると、全てのユーザーが再ログインする必要があります。

まとめ

認証用ユニークキーの修正は頻繁に行うことはないと思います。必要な場面に出会う利用者も少ないでしょう。でもプレビューできなくて困ってる人がいないわけではなさそうなので記事にしてみました。お役に立てればと思います。

-blog & note
-,