Camera

富士フイルムXマウント TTArtisan 25mm f/2 C 準広角レンズ|銘匠光学【先行レビュー】その1|PR

X-E4, TTrtisan 25mm F2 C

株式会社 焦点工房が、銘匠光学の交換レンズ「TTArtisan 25mm f/2 C」を 2022年9月16日(金)に販売開始した。

焦点工房 さんからレンズをご提供いただきました

焦点距離25mm

銘匠光学(めいしょうこうがく)TTArtisan(ティーティーアーティザン)25mm f/2 C は、APS-Cセンサー対応。準広角の単焦点レンズです。

TTArtisan 25mm F2 C
銘匠光学(めいしょうこうがく)TTArtisan(ティーティーアーティザン)25mm f/2 C / Xマウント

焦点距離25mmは、富士フイルム純正レンズにはない焦点距離です。
近いものでは XF23mm や XF27mm がある。
この間を埋める焦点距離になる。

自由に持ち運べるコンパクトサイズ

どれくらいコンパクトなのか。
富士フイルム純正レンズの中でもっとも小さくて軽い XF27mm F2.8 と比較してみた。

XF27mmF2.8 と TTArtisan25mmF2 の比較
XF27mmF2.8 と TTArtisan25mmF2 の比較

横から見た感じもほとんど変わらないほど小さくできている。

X-E4 につけてみると

X-E4, TTrtisan 25mm F2 C

こんな感じ。
この組み合わせ、超コンパクト。
かわいい。

草花フォトにもぴったり。小さくてかわいい寄れるレンズ。

開放F値(絞り値)は、明るい「F2.0」

開放F2、背景をなめらかにぼかす表現や、光量が不足する室内等での撮影も可能。

被写体に寄れる「最短撮影距離 25cm」

最短撮影距離はわずか 25cm。
テーブルの上にある料理を椅子に座ったまま撮影することや、花や小物に寄って撮影することもできる。

草花フォトにもぴったり

富士フイルム純正レンズ XF27mmF2.8 は、草花スナップにちょうど良い焦点距離。
なのに使いにくかったんです。
理由はなんでした?

そう、被写体に近寄れないところ。

この TTArtisan 25mmF2 C は、最短撮影距離が 25cm
これだけ近づけると助かる。
草花フォト撮影の幅が広がります。

白い彼岸花(曼珠沙華)
FUJIFILM X-E4, TTArtisan 25mmF2 C, Pro Neg Hi
どんぐり
FUJIFILM X-E4, TTArtisan 25mmF2 C, Pro Neg Hi

まぁ、もう少し近づきたい場面も多々ありましたが、これくらい寄れると遊べる幅がかなり広がります。

個性が楽しい。

オールドレンズテイスト、フィルムライクが好きな人にも使ってみて欲しいレンズです。

色々個性があるレンズです。
その話は、別の機会にお伝えしますが、オールドレンズが好きな人や、フィルムライクが好きな人にも気に入っていただけそうな個性が色々あります。

オールドレンズ、フィルムで撮ったような雰囲気のお花畑
FUJIFILM X-E4, TTArtisan 25mmF2 C, クラシックネガ

もしかして、クラシックネガに最適化されたレンズなんじゃないかと思ってしまうほど、クラシックネガとの相性が良い。

オールドレンズは大きくて重い

オールドレンズを使ってみたことがありますか?
写りが優しいオールドレンズ。
人気があります。

まだ使ってみたことがないという方は、試してみてください。
ノスタルジックな優しい写真が好きな人は、好きになるレンズです。

ただし、大きくて重いのが難点だったんです。
しかも、ミラーレス一眼カメラにつける場合、カメラとレンズの間にマウントアダプターを付け加える必要があります。

比べてみましょう。

左は、カールツアイス50mmのオールドレンズにマウントアダプターを付けたもの。右が TTArtisan 25mmF2 C です。

TTArtisan のレンズは、マウントアダプターくらいの大きさしかありません。

オールドレンズを使いたいけど、大きくて重いから敬遠していたという人にも TTArtisan25mmF2 C は試して欲しいレンズです。

写りすぎないレンズ。

富士フイルムは、今年(2022年)10周年。
新しい第5世代センサーで新しい時代に入っていきました。

でも、第4世代以前のセンサーを搭載したカメラもまだまだ楽しみたい。
もしかして今、写りすぎないレンズが求められてるんじゃない?

オールドレンズ、フィルムで撮ったような雰囲気のお花畑
FUJIFILM X-E4, TTArtisan 25mmF2 C, クラシックネガ

マニュアルフォーカスは楽しい。

ちなみにTTArtisan 25mm f/2 Cは、マニュアルフォーカスです。
オートフォーカスではありません。

マニュアルフォーカスは、1つのフレーミング(1シーン)でピントを変えて何枚も撮っちゃう楽しさがある。

つまり何度も楽しめるレンズ。

外装は、かっこいい金属銅鏡

外装は金属鏡筒を採用し、プラスチック鏡筒とは異なる高い剛性感や重厚感を楽しめる。
それでいてかわいい。

印字もかわいい。

対応マウント

  • ソニーE
  • 富士フイルムX
  • マイクロフォーサーズ
  • キヤノンEF-M
  • ニコンZ
  • Lマウント
  • キヤノンRF

の7種類に対応しています。

ご購入はこちらから

焦点工房

焦点工房 Amazon

ちなみに、このリンクを踏んでも私に金銭は入りません

焦点工房とは

焦点工房では海外製人気マウントアダプターやカメラレンズなど、カメラ用品を輸入販売しております。 「良い品質をお求めやすく」をモットーに販売を続け、おかげ様で高い評価をいただいております。様々なマウントアダプターの製品開発への協力、新製品の開発にも力を入れており、日本のカメラ文化への貢献を果たしていきます。

焦点工房オンラインストア https://www.stkb.jp/html/company.html

まだまだ、お伝えしたいことがたくさんあります。

草花スナップだけじゃなく、モノクローム街スナップにも合うと思うんだ。
試してみたい。
気になる方は、フォローしていただけると嬉しいです。
@hatamoto_s

今日も元気に楽しく

-Camera
-, , , , ,