FUJIFILM Xシリーズユーザーのための情報

これからミラーレス一眼デジタルカメラをはじめようと検討している方、始めたばかりの方が壁を乗り越えるためのヒントを書いています。カメラ購入の前後約6ヶ月程度の方を対象にしています。

富士フイルム X の使い方

撮影スタイルと操作感がマッチしているミラーレス一眼カメラを選ぼう

投稿日:2019年4月1日 更新日:

-, , , , , ,

相性ピッタリですか?

自分の撮影スタイルとカメラの操作感がミスマッチしていると写真撮影が苦痛になるからカメラを選ぶ時には気をつけてくださいね。

エントリーモデルとは分かりやすくいうと「入門機」ということだと思います。そもそも入門の頃に使うカメラという考え方がおかしい

カメラを選ぶ時には入門機かプロ機かで選ぶのではなく、自分が何をどんな風に撮っていくのかという撮影スタイルに合わせて選ぶべきなのです。

エントリーモデルのカメラがダメだとか使えないカメラだとかいう事ではありません。使う目的がはっきりしていればどのカメラも役に立ちます。

エントリーモデルは操作を必要としない撮影場面で活躍するカメラ

エントリーモデルのカメラは操作部が少ないですよね。見た目がスッキリしていて初心者向きのカメラに思えてしまうかもしれません。

でもそれは初心者向きということではなく、操作を必要としない撮影場面で活躍するカメラということだと思うのです。

たとえばスナップ撮影記録撮影など。ちゃんと写っていて欲しいモノが写っていることが重要な場面ってありますよね。つまり全てカメラ任せのフルAUTO撮影です。

撮影者はフレーミングだけに集中できます。フレーミングとっても大事ですからね。

フルAUTO撮影というのは初心者だけのものではありません。プロ用途としても重要な役割を持ちます。

AUTO撮影が素人でマニュアル撮影がプロという意識は持たないようにしましょう。

フルAUTO撮影用にもう一台小さなカメラが欲しい。そういう用途にエントリーモデルの操作部が少ないカメラは役立ちます。そういうカメラをサブ機ということもあります。

AUTO以外の撮り方を覚えてこれから趣味としてカメラを楽しんでいきたい。そう考えて購入する初めて持つミラーレス一眼カメラとしてはおすすめしません。

AUTOしか使わない。そう決めているのであれば他の選択肢もあります。レンズ交換しないタイプの高級コンパクトデジタルカメラというジャンルのカメラです。例えば、ソニーのRXシリーズ、キヤノンのPower shotシリーズ、富士フイルムのXF10、リコーの GR IIIなどなどレンズ交換式ではないカメラがあります。

自分の撮影スタイルは?

カメラを選ぶ時に大切なことは、自分が何を撮るのか、どんな撮影スタイルで撮っていくのか、撮った写真をどう使うのかとう基本的なことをイメージしておくということ。

もちろん撮影スタイルなんて撮っているうちにどんどん変わっていく可能性はあります。でも今の自分がどうなのかイメージしてみるとどんなカメラが合っているのか少し見えてくるんじゃないかな。

あなたの撮影スタイルはどんな感じですか? AUTO以外の撮影でよく使う設定項目をまとめてみました。参考になればと思います。
ここに書かれている設定項目をササッと設定変更できるとカメラライフは楽しいですよ。逆に設定パネルを開いてどこで設定するのか迷い、辿り着くまでに撮影シーンを逃していまうようなカメラではもったいないですよね。

-富士フイルム X の使い方
-, , , , , ,

Copyright© ミラーレス一眼カメラとオールドレンズで撮る草花ポートレート写真 , 2020 All Rights Reserved.