FUJIFILM Xマウントレンズ

56mm比較|ケンコートキナーatx-mと富士フイルムXFレンズ

植物

ケンコートキナーさんから atx-mシリーズ 56mm F1.4 の発表がありました。

2021年8月6日に発売されるようです。
すでに予約も始まっています。

Tokina atx-m 56mm F1.4 X Xマウント APS-C

富士フイルムにも純正の 56mm があります。
作例を探せばいくらでも出てくるくらい大人気のレンズです。

私も一度、FUJIFILM Imaging Plaza 大阪で XF56mm F1.2 R をお借りしたことがあります。
周辺をサクッと撮り歩いただけでしたが、気持ちよかったです。

植物
街

草撮りなら

草撮り(草花フォトを撮る人)としては、最短撮影距離が重要なポイントの1つです。
XF56mmF1.2 の最短撮影距離は、70cmです。
短いとはいえないので所有していません。

ケンコートキナーさんから新しく発売される、atx-m 56mm F1.4 の最短撮影距離は、少し短い 60cm です。10cm の差は、結構影響あるんじゃないかと思います。

他の仕様はどうでしょうか。

ケンコートキナーさんの atx-m 56mm F1.4 と 富士フイルム XF56mm F1.2 R の仕様を比較してみました。

ちなみにですが、ケンコートキナーさんの atx-m シリーズは、ミラーレスカメラ専用の交換レンズにつけられるシリーズ名です。

仕様比較

atx-m 56mm F1.4XF 56mm F1.2 R
画角28°28.5°
最短撮影距離60cm70cm
最大撮影倍率0.1倍0.09倍
最大径 × 長さ65mm × 72mm73.2mm × 69.7mm
質量315g405g
フィルターサイズ52mm62mm
AFモーターステッピングDC
マップカメラ価格(税込:2021年7月30日時点)54,450円95,340円

VILTROX 56mm F1.4 は?

Viltrox も既に同様のレンズを発売しています。
atx-m のものと中身は同じだと思っていたのですが、若干質量が違います。
ちなみに、質量290g と軽めです。

価格は、マップカメラで45,000円。
パーギアでは、34,899円です。
これをどう考えますか?
サポートが必要な人ならケンコートキナーさんの方が安心だと思います。

価格の差が目立ちますね。atx-mでも半額に近いですし、パーギアViltrox なら半額以下です。

でも、このレベルのレンズを使うとしたら、お高いですが純正の XF56mm F1.2 R を選んだ方が後悔しないんじゃないかと思います。

画角が少し違うのですね。
質量の差も結構あります。

私は単焦点レンズの場合、300g以下の縛りをつけてるので、どちらも重量オーバーです。
Viltrox は、290g なんですね。

先ほども書きましたが、草撮りの私としては、最短撮影距離が60cmとか70cmというのは息苦しくて扱えない気がします。

そして、最大撮影倍率も 0.1倍と0.09倍です。
どちらも草撮りには、厳しい仕様かなと思います。

もし、人撮り街撮りの人であれば、XF56mm F1.2 R の方を使うだろうな。
草撮りなら XF60mm F2.4 というレンズがあります。

XF60mm F2.4XF 56mm F1.2 R
画角26.6°28.5°
最短撮影距離26.7cm70cm
最大撮影倍率0.5倍0.09倍
最大径 × 長さ64.1mm × 63.6mm73.2mm × 69.7mm
質量215g405g
フィルターサイズ39mm62mm
AFモーターDCDC
マップカメラ価格(税込:2021年7月30日時点)68,805円95,340円

動画撮りなら

動画にも使いたいとなった場合は、オートフォーカス時の駆動音の違いも気になりますね。

XF56mmF1.2、XF60mmF2.4 は、DCコアレスモーターという駆動音が大きめのAFモーターを使っています。動画撮影時に音が気になりそうです。

atx-m 56mm F1.4 は、ステッピングモーターを採用しているので、駆動音は静かなんじゃないかと予想できます。

その辺りも選択のポイントになりそうですね。

ただ、性能が高いから選ぶのではなく、自分が「いつどこで何をどのように撮るのか」をよく考えて選ぶことが必要です。

あなたは何撮りですか?

今日も元気に楽しく

-FUJIFILM Xマウントレンズ
-, , , , , ,