FUJIFILM Xシリーズユーザーのための情報

これからミラーレス一眼デジタルカメラをはじめようと検討している方、始めたばかりの方が壁を乗り越えるためのヒントを書いています。カメラ購入の前後約6ヶ月程度の方を対象にしています。

富士フイルム X の使い方

初めてのカメラ選び:エントリーモデルは初心者向けではない

投稿日:2019年3月22日 更新日:

-, ,

「初心者=エントリーモデル」ではありません。操作部分が少なく見た目は簡単そうなエントリーモデルのカメラ。AUTO以外で撮るには使いにくいカメラだったりします。上位機種にダイヤルやボタンがたくさんあるのは理由があるんです。

初心者向けカメラとプロ用カメラの違いは?

デジタル一眼カメラはメーカーも色々ありますが、メーカーの中でもいろんな種類のカメラが揃ってきています。デジタル一眼カメラを初めて使う人初心者向けのカメラを選ぶべきなのでしょうか

新しいカメラが発売されるとき「プロが選ぶカメラ」というような宣伝コピーを見聞きすることがあります。また「ママが選ぶエントリーモデル」のような初心者向けカメラの宣伝コピーもあります。

はたしてデジタル一眼カメラには、初心者向け、プロ用という区別はあるのでしょうか?

「初心者=エントリーモデル」ということではありません

デジタル一眼カメラは全ての機種がプロ用として使えるカメラです。その中に失敗が許されない撮影現場と失敗が許される撮影現場があるという事だと思います。

例えば、失敗が許されないのでSDカードは複数枚同時に記録可能なダブルスロットのカメラを使うのも1つ。

撮影毎に写真の色・発色のズレが許されないので上位機種の画像処理エンジンをもつカメラに統一するということも考えられるでしょう。

初心者でも失敗が許されない場面があるかもしれません。入学式、卒業式とか結婚式とかね。大切なイベント。そう考えると「初心者=エントリーモデル」ということではないというのを理解いただけると思います。

エントリーモデルとされるカメラの特徴として操作部分が少なく見た目は簡単そうなカメラです。

しかし、それは実際は使いにくいカメラだということ。

なぜ上位機種にはダイヤルやボタンがたくさんあるのかわかりますか?それはその方が使いやすいからなのです。プロにも初心者にも操作しやすいからです。

更新通知

当ブログ更新のお知らせ通知を受け取ることができます。

ぜひご登録お願いします。

-富士フイルム X の使い方
-, ,

Copyright© 何気ない日常の残し方 , 2020 All Rights Reserved.