野菜生活

きゅうりの猛暑対策、地上と地下の両方必要。方法は?

京都も梅雨が開けました。
いきなり35度を超える暑さが続きそうですよ。
朝から蝉の声も激しい。

ベランダ菜園の猛暑・酷暑対策を忘れていませんか?
その植物の種類によって、対策は異なります。

きゅうりの暑さ対策について書きました。
※超初心者さん向けの内容です

🌱

きゅうりの暑さ対策

ミニきゅうりを狭いベランダで育てています。
2種類のミニきゅうり。

何がどう違うのかよくわかっていませんでした。

2種類のミニきゅうり
2種類のミニきゅうり

成長していくにつれ、その違いは少しずつ見えてきました。

ミニきゅうり
ミニきゅうり

1つは雌花がたくさんつき始めます。
もう1つは雄花ばかりです。

ミニきゅうりの実がついた

雌花ばかりの方は、受粉しなくても実が大きくなるようです。
雄花ばかりの株は、実になるはずもありません。

これは、種類の違いの差ではなく、おそらく株の個性なんだろうと思います。

たくさん取れていた雌花ばかりの株の方ですが、疲れてしまったようで実がつかなかくなりました。

少し、休むことができたようです。
また、元気になりました。

ミニきゅうり

休ませながら、育てていこう。

雄花ばかりだった方にも、少しづつ雌花がつくようになりました。
たまにしか、収穫できませんが、今はこちらの株の方が元気です。

梅雨明け後の猛暑対策

梅雨が明けました。
暑い日が続きそうですね。

猛暑対策する必要がありそうです。

地面から上の部分と下の部分
どちらも対策が必要です。

地上部は、涼しい時間帯に行う葉水が良いそうです。
地下部には、敷き藁などで地温を上げないようにする方法があります。

きゅうりは、土の表面に根を張りますからね。
直射日光には弱い。

しっかり対策しましょう。

今日も元気に楽しく

おすすめ

今回の記事に関連する、おすすめのアイテム、サービスはこちらです。

  1. 敷わら(切りわら) 12リットル

-野菜生活
-, , , ,