フィルムシミュレーション

朝の空気感が消えないようにホワイトバランスを設定する。

クローバー

朝の光ってこんな色なんだよね

年を越したクローバー

1月7日のベランダで。クローバーを撮る。このクローバーは、年末から育てている「四つ葉の発現率が高いクローバー」です。

タキイ種苗さんおキャンペーンで種をいただいたもの。

1回目のチャレンジでは発芽しませんでしたが、タキイさんからリベンジのチャンスをいただいてなんとか育っています。

みんなで一緒に育てるという企画なのです。
他のみなさんの育ち具合は、ハッシュタグ #みんなでリモート栽培 でご覧いただけます。
 #みんなでリモート栽培 / Twitter

なになに、五つ葉が発現している方もおられるようですね。

我が家のクローバーは...

クローバー
朝の光ってこんな色なんだよね

我が家のクローバーさんも賑やかになってきてます。このあとはどうすれば良いのでしょうか。
植え替えとかするのですかね?
あとで調べて見よう。

朝の光を暖かく写す

写真は、1月7日の朝の様子なのです。
朝の光ってこんなに暖かいのです。

富士フイルムのクラシッククロームというフィルムシミュレーションで撮ってるから暖かみは増してます。
それを差し引いても暖かい光です。

ホワイトバランス「晴れ」に設定しています。

朝のベランダを撮影する時のホワイトバランスは何に設定していますか?
ホワイトバランスオートに設定していると、その時、その瞬間の空気感がなくなってしまいます。
写真の時間軸が消えてしまうのです。

朝の空気感を時間と一緒に写真に撮りたいのであれば、ホワイトバランス「晴れ」がおすすめです。

今日も元気に楽しく

FUJIFILM
フィルムシミュレーションカスタムレシピ
&
X RAW STUDIO の使い方

カメラの楽しみ方は、いくつかあります。

すぐに思いつくのは、
1:被写体を選ぶ楽しみ方
2:レンズを選ぶ楽しみ方
の2つです。

富士フイルムXシリーズのミラーレス一眼カメラの場合、もう1つカメラを楽しむための方法があります。それが、フィルムシミュレーションとそのカスタム設定です。

どんな場面でどんなフィルムシミュレーションを選ぶのか、どんなカスタム設定が最適なのか。画像処理エンジンの特徴を理解しながら、色々試してみるという楽しみ方があります。

FUJIFILMフィルムシミュレーションレシピlab では、フィルムシミュレーションとそのカスタム設定について色々なシーンで試しながら研究しています。

これは、自分が愛用するカメラの画像処理エンジンを理解するということです。愛用カメラとより仲良くなるための方法です。

自分のカメラと仲良くなることで、次の撮影シーンに活かすことができます

カメラを楽しむための参考になれば嬉しいです。

そして、みなさんが試してみた、あんなこと、こんなことをハッシュタグ #FSimLab をつけて、選んだフィルムシミュレーションとカスタム設定と工夫したことなどを書いて、note や Twitter、Instagram で投稿してみてください。

コメントもいただけると嬉しいです。

FUJIFILM X ギャラリー

富士フイルムXシリーズのミラーレス一眼カメラユーザーによるフォトギャラリーの管理人をしています。よろしければご参加ください。(メンバー1,484人|2021.8.5時点)
 FUJIFILM X ギャラリー | 参加無料|Facebookグループ内で運営しています

-フィルムシミュレーション
-, , ,