愛情まであとひと手間

バターにカビ!食べて大丈夫?どうする?

ほうれん草

下茹でなしにほうれん草のアクを抜く3つの方法

ほうれん草の卵とじ

ほうれん草の卵とじを作ろうと思いまして。

ほうれん草って食べた後、口の中がキシキシして気持ち悪くなりますよね?

あれ、シュウ酸というものの影響なんだそうです。

シュウ酸はカルシウムと結合しやすいそうです。
結合するとシュウ酸化カルシウムに変化するんだそうです。

それが、結石の元になることがあるそうです。

おー、なんだか理系っぽい文章になってる。
もしかして料理って理系なんですかね?

うちの子ども。
今年から大学生なんです。

つまり、1年前は受験勉強をしていたってことです。
コロナ禍での受験勉強は、そら大変でしたよ。

学校の授業も進みにくいし、塾にも行けたり行けなかったりで。それでうちでも勉強するわけです。

学ぶのは、人に教えるのが一番良いって聞いたことありませんか?

だから、勉強したことを単元ごとに教えてくれるわけです。わたしに。何言ってるのかわからないんですけどね。

理系なんです。

数学とか物理とか。
そして化学も。

ベンゼン環がどうとか....
うん、すっかり忘れましたけど。
色々、教えてくれました。

学ぶって楽しいんだなと思いましたけどね。
難しい話は、難しい。

話が、おもかじいっぱいにズレましたね。

ほうれん草のシュウ酸の話でした。

ほうれん草のアク抜き

ほうれん草のキシキシの元、シュウ酸を抜くためにアク抜きをします。

シュウ酸は、水溶性なので、下茹でして水にさらすことで流れ出します。

ほうれん草の下茹で

おひたしだったら、これで大丈夫なんですけど、今回作るのは卵とじ。炒め物なんですね。

炒めるだけではシュウ酸は抜けないんです。

出来るだけシュウ酸を残さないようにしたい。
そのための方法が3つあります。

  1. 水にさらす
  2. 油コーティング
  3. カルシウムの食べ合わせ

水にさらす

先ほども書きましたが、シュウ酸は水溶性です。
水に浸しておくとある程度のシュウ酸が流れ出ていきます。30分程度水に浸しておきます。

流水の方が効果的ですが、15分ごとに水を変えるというのも良いでしょう。

ただし、ほうれん草の栄養素の1つであるビタミンも水溶性のものが流れてしまいます。浸す時間が長ければ良いとも言えません。

油コーティング

水溶性のシュウ酸を、油分でコーティングして、体内でカルシウムと結合するのを邪魔する効果があります。

ほうれん草の卵とじにバターを入れると、キシキシが和らぐのはそのためです。

バターの油脂分でシュウ酸を包み込んでるわけですね。

カルシウムの食べ合わせ

一緒にカルシウム分の多い食材を食べると、そのカルシウムとシュウ酸が結合しやすくなるので、結石の元になりにくいというお話があります。

先ほどのバターにもカルシウムが含まれています。100gあたりで約14mgのカルシウムが含まれているそうです。

それほど多くはありませんが、効果はあります。
ちなみに、プレーンヨーグルトの場合は、100gあたり約120mgです。多いですね。

ほうれん草の卵とじにヨーグルトを入れても良いのかもしれません。やったことないですけどね。

バターにカビ!

タイトルにバターにカビ!って書いてるのに、なかなかバターの話が出てきませんでした。

ようやくバターのお話です。

そうなんです、ほうれん草の卵とじを作ろうとしていました。仕上げにバターを入れようとしまして、冷蔵庫からバターケースを取り出しました。

蓋を開けてみるとどうでしょう。

緑っぽいつぶつぶ?

そう、カビです。

カビ生えるんです。
バターって。

バターにカビが生える原因

  • 湿度
  • 油脂分の溶解
  • 他の食品から菌がうつる

しっかり密閉できていれば、湿度コントロールができると思うのですが、どこからか水分が入ってしまったのかもしれません。

バターナイフで使う分だけ取る。そのまま、フライパンにバターを落とします。そこで油脂分が溶けますよね。

それをそのままバターケースに戻してたんです。
これ、ダメなんですね。

食パンにバターナイフでバターを塗ったら、食パンから菌がうつる可能もある。

バターナイフの使い回しがよくないようです。
せっかくバターケースの中にバターナイフを置くところがあるんですが、毎回、洗って別にしておく必要がありそうです。

カビを削り取れば食べることができるのか?

カビの毒は強い!
なかなか消えない。

表面のカビを取るだけでは内部にまで侵入したカビは取れません。

そして、カビが出した毒素はなかなか消えません。

長時間の高温処理が必要なのだそうです。
どれくらいなのか?
120度以上で1〜2時間程度の加熱処理が必要なんだとか。

普通の調理法では無理っぽいですね。

カビそのものは熱処理で死滅できるそうですが、カビが出した毒素を消すことは難しいようです。

カビてしまったバターは、食べない方が良さそうです。
回避できる危険は回避したい。

今日も元気に楽しく

おすすめ

今回の記事に関連する、おすすめのアイテム、サービスはこちらです。

  1. 栗原はるみ カッター付バターケース
  2. 貝印 KAI バターケース Kai House Select 5g カット 保存 日本製

🌱

ご飯のお供|オススメを教えてください

あなたがおすすめする「ご飯のお供」を教えてください。

ご自身で考えたレシピ、ご当地ご自慢レシピ、お気に入りの人気商品などを教えてください。

読者の皆様、ポッドキャストリスナーのみなさま、ありがとうございます。番組へのおたより、応援メッセージは、番組内でご紹介させていただくこともございます。ご了承ください。たくさんのおたより、お待ちしています。

ありがとうございます。

-愛情まであとひと手間
-, ,