フィルムシミュレーション Camera

シャドートーンをプラスする|フィルムシミュレーションカスタム

隙間の草花

XF50mmF2では撮れなかったXF60mmF2.4の世界/クラシッククローム, F2.4

XF60mmF2.4 というレンズを使い始めています。
コントラストや色乗りなど、XF50mmF2 の時とは微妙に異なるはずです。

フィルムシミュレーションカスタムのデフォルト設定も微調整する必要があります。

草花写真のフィルムシミュレーションは、これまで通りクラシッククロームをベースに撮影していきます。

調整前と調整後

隙間の草花隙間の草花

左が XF50mmF2 を使用するときに使っていたデフォルト設定です。
右は、XF60mmF2.4 ように変更した設定です。

以下のような設定になっています。

変更前変更後
フィルムシミュレーションクラシッククロームクラシッククローム
モノクロームカラー
ホワイトバランスAUTO雰囲気優先AUTO雰囲気優先
WBシフトR: 0, B: 0R: 0, B: 0
ハイライトトーン+1+1
シャドートーン+1+2
カラー+3+3
シャープネス+2+2
ノイズリダクション00
明瞭度00
点像復元処理ONON
カラークローム・エフェクトOFFOFF
カラークローム・ブルーOFFOFF
グレイン・エフェクト強度OFFOFF
グレイン・エフェクト粒度
シャドートーンをプラスした

変更前は、ハイライトトーンとシャドートーンともに[+1]でしたが、変更後は、シャドートーンの方を[+2]にしました。

今回の写真は、たまたまこの設定にしましたが、写真によって色々設定は違ってきます。
色々撮りながらデフォルト設定を探っていこうと思います。

フィルムシミュレーションカスタム設定の参考になれば嬉しいです。

-フィルムシミュレーション, Camera
-, , , , ,