デジタルメディア

ワードプレスv5の意味。

投稿日:2018年12月17日 更新日:

-

ワードプレスを使う意味を改めて考えるべき時期が来ている。

ワードプレスの最新バージョンが5になったことを書いたかと思います。ワードプレスというのはブログを書くためのシステムです。カスタマイズすればブログだけではなくホームページのように使うことも可能です。

自分が好きなようにプログラミングして機能を追加したり使いやすくすることもできます。プログラミングに詳しくなくてもプラグインを追加することでも便利な機能を追加することができます。

でも最近はスマホで見られる場合の方が増えているので、ホームページにしてもブログにしても外観にオリジナリティを求める意味は薄れています。むしろ見かけは極力無個性でシンプルにして、中身で勝負という世界になっている気がしています。

書く内容、、専門性、文体など中身で個性をだすことが大切です。そのためには外観は静かな方が良い。そういう意味で、 note.mu は良く考えられているなと思います。

外観に個性はいらない。文章や写真や絵を見て「あ〜ね。この人ね。」となれば良いのです。

さて、そのワードプレスですがこれまでと大きく変わってますよというお話を書きました。この大きな進化。先に書いたような時代の流れに沿うような変化なのだろうと推測しています。

ワードプレスには公式のテーマ(テンプレート)が初めから入っています。今回のテーマは無個性でシンプルな印象があります。

中身より外観に意識があるユーザーには「これは使えないよね。」となってしまうのかもしれない。でも中身を重視するなら、そのままで良いくらいシンプルでいいんじゃないかなと思います。

そのままが良い理由は他にもある。セキュリティ面の話。ワードプレスは自由にカスタマイズできるのはメリットですが、安全面はどうでしょう?世界でも最も使われているブログシステムであるワードプレスなので、盲点を突こうと狙っている者どもがたくさんいるはずです。

それらに対応する時間的人的コストを考えることも必要です。システムをオリジナルのまま且つ公式テーマで運営していれば、ワードプレスはアップデートできます。

今回、大きなアップグレードがありました。あまり大きく変わると使い方がわからなくなったり面倒なことがあるのではないかと躊躇してしまうわけですが、セキュリティのことを考えるとやはりアップグレードせざるを得ないのが現実です。

アップグレードは早いにこしたことはない。

ただ新バージョンが出てすぐというのも以外に危険があります。5.0.1とか5.0.2が出るまで待った方が良いという考え方もあります。確認してみると現在、5.0.2までアップデートがあるようです。

ゴリゴリカスタマイズ&オリジナルテーマで行くのか、デフォルトに近い状態で行くのか、良く考えよう。今回のアップグレードはいいきっかけになるんじゃないでしょうか。

-デジタルメディア
-

Copyright© ミラーレス一眼カメラとオールドレンズで撮る草花ポートレート写真 , 2020 All Rights Reserved.