デジタルメディア

ワードプレス写真ブログの成否は、どのテーマ(テンプレート)を使うかで決まる?

投稿日:2018年4月26日 更新日:

-, , , ,

ワードプレスのテーマ(テンプレート)選びは重要!

ワードプレスでブログをはじめるためには、ドメインの取得やレンタルサーバーの契約といった事前の投資が必要になります。うまく使いこなせるかどうか分からない状態ではじめるのは不安があるかもしれません。
そこで、まずは自分のパソコン内でお試し用のワードプレスを作成することをおすすめします。その方法は「自分のパソコン内にワードプレスを作成してお試しする方法。ドメイン、レンタルサーバーも不要!」に書きました。


先生!この「Local by Flywheel」というソフト、本当に簡単にワードプレスがお試しできてとても助かりました。

ワードプレスの色とかレイアウトとか変えたいのですが、簡単にできますか?トップページの大きな画像も無くしたいんです。

ワードプレスのデザインを変える2つの方法

ワードプレスのシステムは、3つのパーツに分けることができます。まず、本体のメインプログラム。もう一つは機能を拡張するプラグイン。そして最後がブログの見え方を決めるテーマ

  1. メインプログラム
  2. プラグイン
  3. テーマ

この3つが組み合わさってワードプレスのブログは稼働しています。ブログの色やレイアウトなどデザイン面の変更をするときには、3つ目の「テーマ」を変更したり修正したりするわけです。
テーマは、全面的にガラッと変えてしまう方法と部分的にカスタマイズする2種類の方法があります。ワードプレスをインストールした直後にはワードプレス公式テーマの最新版が適用されています。
ワードプレスのテーマ管理

全面的にガラッと変える方法

2018年4月25日時点では Twenty Seventeen がデフォルトのテーマになっています。その他に Twenty Fifteen と Twenty Sixteen が始めからインストールされています。自分のイメージに合うテーマがあればテーマを変えてみてください。
ワードプレステーマの有効化
「有効化」ボタンをクリックすればテーマが変更されます。

ワードプレステーマ変更の様子


いかがでしょうか?別のテーマを有効化するだけで全く異なるデザインに変わります。

部分的にカスタマイズする方法

文字の大きさや色、その他部分的にカスタマイズしたくなることがあります。そんな時は「外観>カスタマイズ」を使います。
テーマのカスタマイズ
テーマのカスタマイズ
サイトの基本情報、色、ヘッダーメディア、メニュー、ウィジェット、ホームページ設定、テーマオプション、追加CSSなどカスタマイズできるメニューが表示されます。
テーマ毎にカスタマイズ可能な項目は異なります。上の画像は Twenty Seventeen のカスタマイズ項目です。ご覧頂くと分かると思いますが、それほど細かくカスタマイズできるわけではありません。
ここでできないカスタマイズは、テーマファイルを修正するなど初心者では難しい作業になってしまいます。

なるほど、初心者の私たちにとってはカスタマイズにも限界がありそうですね。私は、このまま使うしかなさそうだな。

先生、何か良い方法はありませんか?

先ほど、カスタマイズできる項目はテーマ毎に異なると書きました。カスタマイズ項目がたくさんあり、使いやすいテーマを選ぶのも1つの方法です。

ワードプレスのテーマって、さっきの Twenty Seventeen と Twenty Fifteen と Twenty Sixteen の3つだけではないんですね!?

はい、そうです。後からいくつもテーマを追加することができるんですよ。ワードプレスのテーマは世界中の人が作っていて、無料で提供している人や有料で販売している人もいるんですよ。

初めてでも使いやすいワードプレステーマ

ワードプレスの運営が成功するかどうかのポイントになるのがテーマ選び。

メモ

ここでいう「テーマ」とは、ブログで書いていく内容の方向性という意味でのテーマではありません。ややこしいですね。

ブログ運営で最も重要といえるのは「継続」です。そして、ブログ運営で最も難しいことが「継続」です。逆に言うと継続しているのであればブログ運営は成功しているといっても良いのかもしれません。
継続するためには、ワードプレスのシステムを使いこなせることが必要です。使いにくければ、いずれ終わりがきます。
ワードプレスを使いこなすことができるかどうかを決定づけるのが「テーマ」です。テーマ選択を失敗すればワードプレス運営の成功は難しいといえます。それくらい重要だということを覚えておいてください。
ワードプレスのテーマは世界中の人が作って配布していると書きました。数多くのテーマが並んでいて驚きます。テーマを選ぶ基準にするのが「使いやすさ」です。使いこなせるテーマを選びましょう。
どんなにクールなデザインのテーマでも使いこなせなかったら使い続けることができません。最も重要な「継続」が叶いません。「使いこなせること」そこを意識してテーマを選んでみてください。

ワードプレスのテーマ作成は、その道の専門家にお任せしましょう!PHPやHTML、CSSなどが少し判る程度の人が自分でテーマを作ってしまうのはおすすめできません。記事を書くストレスがたまり、更新が止まってしまう可能性が高いです。

使いこなせるワードプレスのテーマ

初心者でも使いやすいテーマをいろいろ列挙できれば良いのですが、自分が使っていないテーマを紹介しても説得力がありません。グーグルで検索すれば「初心者も使いやすいワードプレスのおすすめテーマ○○選!」というような記事はたくさん出てきます。
ただ、そのほとんどが「実際に長期的に使いこなしてみたうえでの選択」というものではなく説得力に欠けます。数日、数週間触ってみた程度では使いこなせるかどうかの判断はできません。
という意味もあって、ここでは私が実際に長期的に使い続けていておすすめできるワードプレスのテーマ1択でご紹介させて頂きます。
そのテーマは、アップグレードを重ねどんどん使いやすく進化しています。当ブログでも初期の頃から使っているので、初心者レベルから中級者、そして上級者まで幅広いレベルの人にとって使いやすいテーマに育っています。
もったいぶらずにご紹介します。そのテーマは、 というテーマです。聞いたことはありますか?究極に使いやすく、究極に使いこなせることを意識して設計されたテーマです。

ポイント

他のWordPressテーマなら1時間かかることがAFFINGERならクリック1つ

全てこの言葉に込められているのではないでしょうか?
1時間がワンクリック。これが何時間、何日、何ヶ月、何年、何十年と積み重ねられたらその差はとてつもなく大きな差になります。
例えばどんなことがワンクリックでできるのか例示してみます。始めの方に参考記事へのリンクをカード形式で表示しました。このカード形式の記事へのリンクもワンクリックです。
参考
自分のパソコン内にワードプレスを作成してお試しする方法。ドメイン、レンタルサーバーも不要!

はじめてのワードプレス。ドメインを取得したり、レンタルサーバーを借りたりするまえに、自分のパソコンの中にワードプレス環境を作って試してみることができる。そんなローカル環境でのワードプレス構築方法をご紹介。


あと吹き出しコメントがいくつかありますが
これもワンクリックです。

そして記事の途中にメモの枠があります。その枠表示もワンクリック。ポイントの表示もワンクリックです。先ほど書いたポイントを別の表現で表示してみることもできます。

他のWordPressテーマなら1時間かかることがAFFINGERならクリック1つ


他のWordPressテーマなら1時間かかることがAFFINGERならクリック1つ


いかがでしょう、簡単にワンクリックで表現の幅が広がります。表現の幅が広がるということは、読者により伝わりやすい表現が可能というメリットがあります。

ワードプレスのテーマを確かめるときも、いきなりはじめる前に「Local by Flywheel」でお試ししてみると良いですよ。

-デジタルメディア
-, , , ,

Copyright© ミラーレス一眼カメラとオールドレンズで撮る草花ポートレート写真 , 2020 All Rights Reserved.