オート撮影

絞りの値(レンズの穴の大きさ)を変えて何種類か撮っておく

少し高いところにも花の重なりがある。どこまでボンヤリさせるのか。それを「絞り」の値で調整する。このときは F4.0 だった。これ以上ボンヤリさせると存在が薄くなりすぎてしまう。微妙ながらの存在感を出したい。
そんなときは、絞りの値(レンズの穴の大きさ)を変えて何種類か撮っておくと良い。F4.0を中心として F5.6 と F2.8 も撮っておくというように。

Copyright© 何気ない日常の残し方 , 2020 All Rights Reserved.