Latest Posts

WordPressではじめる写真ブログ、おすすめプラグインまとめ。

はじめてWordPressでブログを始めるときに、おすすめしたいプラグインをまとめてみました。 プラグインは、たくさん入れすぎるのは良くありません。 最小限に使いたいけれど、同じような機能のプラグインがたくさんあったり、どれを入れたらよいのか迷うところです。 今まで、アメブロやFC2など無料ブログで書いてたけど、独自ドメインを取得し WordPress で写真ブログをはじめてみたい! というあなたのために、おすすめプラグインをまとめました。 ※BackWPup など、一部サーバーの環境によっては使えないプラグインもあります。

初期インストール済みプラグイン

Akismet

オンラインサーバでコメントの内容をチェックするスパム対策サービス。 プラグイン/Akismet – WordPress Codex 日本語版
 Akismet — WordPress Plugins 参考記事:WordPressに最初から入ってるプラグインAkismetとHello Dollyはどうする?

WP Multibyte Patch

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。 WP Multibyte Patch | EastCoder;
 WP Multibyte Patch — WordPress Plugins 参考記事:WordPressが日本語環境でうまくいくWP Multibyte Patchを有効化。

アクセス向上に役立つプラグイン

All In One SEO Pack

WordPress のSEO関連のいろんな事を担ってくれるプラグインです。  All in One SEO Pack — WordPress Plugins

Breadcrumb NavXT

WordPress にパンくずリストのナビゲーションを付けてくれるプラグインです。 パンくずリストはSEOには重要と言われていますが、WordPressでは自分で設置しなければ付いてません。 テーマファイルをいじらずにパンくずリスト設置が簡単にできる Breadcrumb NavXT は、とても助かります。  Breadcrumb NavXT — WordPress Plugins

Broken Link Checker

何かのミスでサイト内のリンクが間違ってたり、リンクを貼っていた外部のページが無くなってたり、URLが変わってたりすることは良くあることです。 「リンクが壊れてますよ!おかしいですよ!」と教えてくれるプラグインです。  Broken Link Checker — WordPress Plugins

Google XML Sitemaps

ブログで記事を書いたら、検索エンジンに見つけてもらって登録して欲しいですよね? でも見つけてくれるまで待ってられません。 そんな時は Googleウェブマスターツール というサービスに「サイトマップ」という記事のリストを登録しておくのです。 記事リストを自動的に作成更新してくれるプラグインが Google XML Sitemaps です。  Google XML Sitemaps — WordPress Plugins 参考記事:Google XML Sitemaps 4.x から sitemap.xml は動的ファイルに変わってます。要確認!

Jetpack by WordPress.com

とにかく欲しい機能がいっぱい詰まったプラグインセットです。 WordPress.com のアカウントが必要になりますがオススメです。  Jetpack by WordPress.com — WordPress Plugins 参考記事:WordPress JetPack は欲しい機能いっぱいの詰め合わせプラグイン。

Posts Character Count Admin

記事の文字数が少なすぎると SEO的にあまり良くないようです。 記事を書きながら、今何文字かを表示してくれるプラグインです。 写真しか投稿しない人は不要かもしれません。  Posts Character Count Admin — WordPress Plugins

WP Social Bookmarking Light

書いた記事はできるだけ多くの人に活用して欲しいですよね? はてな、Facebook、Twitter、Google+、Pocketなどなど、ソーシャルボタンを簡単に付けることができるプラグインです。 良い記事書いて、いっぱいシェアしてもらいましょう。  WP Social Bookmarking Light — WordPress Plugins

Yet Another Related Posts Plugin

ブログ内を回遊してもらうために、関連記事をリスト表示してくれるプラグインです。 ページビューの向上に期待できます。  Yet Another Related Posts Plugin (YARPP) — WordPress Plugins

運営維持に役立つプラグイン

BackWPup

WordPress は、ファイルとデータベースでできてます。 いつ何があるか分かりません。 失ってしまったら大変です。 BackWPup は、ファイルとデータベースを自動的にバックアップしてくれるプラグインです。  BackWPup – WordPress Backup Plugin — WordPress Plugins 参考記事:WordPressを自動バックアップするプラグインBackWPup

WP Maintenance Mode

大きくブログテーマを変えたり、カテゴリーを再構築したり、メンテナンスしたい場合に使えるプラグインです。  WP Maintenance Mode — WordPress Plugins 参考記事:WordPressをインストールした直後にやること。

AddQuicktag

参考記事:投稿時のタグボタンを追加するAddQuicktagを使うとHタグも定型文も楽ちん。

Category Order and Taxonomy Terms Order

ドラッグアンドドロップで簡単にカテゴリーの並び順を変えることができるプラグインです。  Category Order and Taxonomy Terms Order — WordPress Plugins

Preserve Editor Scroll Position

長い記事を書く場合、途中で[下書きとして保存]をすると思います。 した方が良いです。 いやすべきです。 [下書きとして保存]をクリックするとどこを編集中だったかわからなくなります。 そんなストレスを解消してくれるプラグインです。 長文を書かない人、写真しか投稿しない人には不要です。 私には必須です。  Preserve Editor Scroll Position — WordPress Plugins

デザインカスタマイズに役立つプラグイン

FancyBox for WordPress

写真の見せ方をかっこよく演出してくれるプラグインです。 よく似たプラグインがたくさんありますので探していろいろ試してみてください。 私は FancyBox for WordPress を選びました。  FancyBox for WordPress — WordPress Plugins

Fourteen Extended

WordPress のデフォルトテーマ Twenty Fourteen をカスタマイズするプラグイン。 全体をセンターに変えたり、コンテンツの幅を調整したり、左にあるサイドメニューを右にしたり非表示にしたり、他にもいろいろ調整が可能です。 公式サイト WordPress.org からの提供はなくなったようです。 WordPress › Fourteen Extended « WordPress Plugins 参考記事:Fourteen Extendedでメインコンテンツの幅を変える。

Styles: TwentyFourteen

WordPress のデフォルトテーマ Twenty Fourteen をカスタマイズするプラグイン。 上の Fourteen Extended は、主にレイアウトに関するカスタマイズでしたが、Styles: TwentyFourteen は、テキストサイズ、Googleフォント指定、テキストカラー、その他の色などを担当します。  Styles: TwentyFourteen — WordPress Plugins Styles: TwentyFourteen を利用するには、Style というプラグインも必要になります。

Table of Contents Plus

記事の中の Hタグから自動的に目次を作成して表示してくれるプラグインです。 この記事の上部にも目次が表示されていますが、手打ちではなかなか大変です。これを自動で作成表示してくれるので助かります。  Table of Contents Plus — WordPress Plugins

Widget Logic

WordPress は、ウィジェットという機能があります。この表示を条件分岐で指定できるようにするプラグインです。 特定の記事だけ、あるいは特定のカテゴリーだけ、またはHomeだけ表示・非表示したいウィジェットがあれば、ウィジェットの下部に条件分岐タグを書きます。 条件分岐タグはたくさんあって難しそうです。
条件分岐タグ – WordPress Codex 日本語版
ということで、WordPress のウィジェット機能が強化されウィジェットの公開状態を設定できるようになりました。 現在は Widget Logic を使うことはあまりないかもしれません。  Widget Logic — WordPress Plugins

WYSIWYG Widgets / Widget Blocks

ウィジェットを自分で記事を書くように作成できるようになるプラグインです。 これを使うまでは、非公開の記事に書いてコピーして、テキストウィジェットに貼り付けて面倒な作業でした。 WYSIWYG Widgets / Widget Blocks が解決してくれます。  Widget Content Blocks — WordPress Plugins 以上、おすすめプラグインをご紹介しました。]]>

WorPress Twenty Fourteen でメインコンテンツの幅を簡単に変える方法。

Twenty Fourteen のメインコンテンツ幅が狭いんです。変えたいんです。 WordPress のレスポンシブ対応テーマ Twenty Fourteen を使っています。 スマートフォン(スマホ)にもタブレットにもレスポンシブに対応する WordPress のデフォルトテーマなのでとても安心です。 但し、カスタマイズしたくなる部分もいくつかあります。 その1つがメインコンテンツの幅の狭さ。 474ピクセルしかありません。 メインコンテンツの幅が狭い それで十分という声もあるでしょうが、このブログは写真を扱うブログ。 写真が小さすぎるのは困ります。 Twenty Fourteen でカスタマイズできる項目に幅の設定はありません。 tf-photo-のカスタマイズ どうしましょう?

コンテンツの幅を変えることができるプラグイン Fourteen Extended

まぁなんでもあるもんですね。 WordPress のプラグイン。 いつものようにプラグインを検索しましょう。 管理画面>プラグイン>新規追加 で Fourteen Extended を検索してインストール、有効化。 FourteenExtendedのインストール どうなりましたか? カスタマイズできる項目が増えました カスタマイズできる項目が増えました。 幅を変える場所は TwentyFourteen Content Options にあります。 Set Content max-width (numbers only!) – maximum recommended is 874 & Default is 474. Set to 700 when hiding left sidebar only! の 474 を 690 に変えてみました。 690 はお好みで変えてください。 ちなみに 690 に変えてもサイドバーがあるページの場合はそれよりも狭くなります。]]>

WordPress JetPack は欲しい機能いっぱいの詰め合わせプラグイン。

WordPress は、痒いところに手が届くプラグインがたくさん有ります。 たくさんあるプラグインの中でも、JetPack は、1つのプラグインで多くの機能が詰め込まれていますので導入を検討してみてはいかがでしょうか?

JetPack インストール

いつものように、管理画面>プラグイン>新規追加 から[JetPack by wordpress.com]で検索してください。 [caption id="attachment_96" align="alignnone" width="871"]JetPackインストール JetPackインストール[/caption] そのまま、インストールと有効化。 JetPackを使うには、WordPress.comとの連携が必要になります。 [caption id="attachment_98" align="alignnone" width="800"]アカウント連携 アカウント連携[/caption] WordPress.comのアカウントとパスワードを記入して、JetPackの認証を行ってください。 アカウントを持っていない場合[アカウントが必要ですか?]から新規登録が必要になります。 Jetpackの認証 認証されると、機能一覧を見ることができます。 [caption id="attachment_100" align="alignnone" width="380"]Jetpack機能一覧 Jetpack機能一覧[/caption] たくさんありますね。 全部使う必要はありません。 でも、どれを使ったら良いのか迷ってしまいます。 ということでオススメの機能をご紹介しておきます。

JetPackのおすすめ機能

バブリサイズ共有

[caption id="attachment_102" align="alignnone" width="800"]バブリサイズ共有 バブリサイズ共有[/caption] Facebook、Twitter、Tumblr、LinkedInなどのソーシャルメディアへの自動投稿ができます。 私は使っていませんが、毎回手作業でそれぞれのソーシャルメディアに投稿するのが大変という人は使うと良いかもしれません。

統計情報

[caption id="attachment_103" align="alignnone" width="800"]統計情報 統計情報[/caption] これは、必須の機能かもしれませんね。 Google Analytics が解る!という人は必要ないかもしれませんが、機能と情報量が多すぎて使いこなせていない人も多いのではないでしょうか? JetPackの統計情報であれば必要な情報だけをWordPressの更新の合間にでも確認することができます。 WordPressのアプリもあるのでスマートフォンやタブレットからいつでも簡単に確認できます。

Jetpackコメント

[caption id="attachment_104" align="alignnone" width="800"]Jetpackコメント Jetpackコメント[/caption] WordPress.com、Twitter、Facebookのアカウントでログインしてコメントを残すことができる機能です。 コメントを残したい人の手間を省くことができますね。

購読

[caption id="attachment_105" align="alignnone" width="800"]購読 購読[/caption] 読者が RSS Feed を購読していただけると嬉しいのですが、「RSSって何?」という人も少なからずいます。 記事を見逃したくない読者のために、メール通知機能を設置しておけるのは嬉しいですね。

コンタクトフォーム

[caption id="attachment_106" align="alignnone" width="800"]コンタクトフォーム コンタクトフォーム[/caption] お問い合わせページを作ったり、個別のページに埋め込んだりできる、メールフォーム機能です。 Akismet を有効化していれば、メッセージのスパムもチェックされます。 送られたメッセージもWordPress内で管理できます。

タイルギャラリー

[caption id="attachment_107" align="alignnone" width="800"]タイルギャラリー タイルギャラリー[/caption] 写真をマガジン風のモザイクレイアウトで表示できます。 必要性があるかどうかはそれぞれですが、写真を扱う人であれば写真をかっこよくレイアウトしたいものです。 好みがあると思いますが、一度試してみるのもよいかもしれません。

短縮URL

[caption id="attachment_108" align="alignnone" width="800"]短縮URL 短縮URL[/caption] 長くなりがちなURLを短縮してくれます。 http://wp.me/aaaaaaa 短いと何が良いの? と思うかもしれませんがあると便利です。 必要なければはずしても良いです。

ショートコード埋め込み

[caption id="attachment_109" align="alignnone" width="800"]ショートコード埋め込み ショートコード埋め込み[/caption] YoutubeとかFlickrとかVimeoとかVineとか ショートコードで簡単に埋め込める機能です。

追加ウィジェット

[caption id="attachment_110" align="alignnone" width="800"]追加ウィジェット 追加ウィジェット[/caption] デフォルトのウィジェットに便利なウィジェットが追加されます。
  • RSS リンクウィジェット:テーマのサイドバーに簡単に投稿・コメント RSS フィードを追加できます。
  • Twitter ウィジェット:テーマのサイドバーに簡単に最新のツイートを追加できます。
  • Facebook Like ボックスウィジェット:Facebook Like ボックスウィジェットをテーマのサイドバーに表示します。
  • 画像ウィジェット:テーマのサイドバーに簡単に画像を追加できます。

モニター

[caption id="attachment_111" align="alignnone" width="800"]モニター モニター[/caption] サイトが落ちていないかどうかを監視してくれます。何かあればメールで知らせてくれます。 サイトの障害をいち早く知ることで、すぐに復旧作業に取りかかることができます。 ダウンタイムの合計期間も知ることができます。 いかがでしょうか? 特に、統計情報とコンタクトフォームは必須ではないでしょうか。]]>

投稿が簡単!WordPressで繰り返し使うタグを設定できるプラグイン、AddQuicktagの使い方。

投稿時のタグ打ちを楽にするプラグイン AddQuicktag これまでいくつか記事を投稿してきたが、デフォルトの投稿エディターでは不便なところがある。 例えば、見出に Hタグ を付けようとするにも <h2>見出</h2> と手打ちしなければいけない。 初めからあるタグボタンはとても少ない。 [caption id="attachment_74" align="alignnone" width="663"]新規投稿を追加のエディター 新規投稿を追加のエディター[/caption] ということで、タグ打ちを簡単にするためのプラグインを入れておきます。 一般に良く使われているエディタとしては、

  • Ultimate TinyMCE
  • CKEditor For WordPress
  • TinyMCE Advanced
がありますが、少し派手(機能が多すぎ)な気がします。 私が使っているのは AddQuicktag というプラグインです。

AddQuicktag

管理画面>プラグイン>新規追加 でプラグイン検索してインストール及び有効化します。 AddQuicktagのインストール AddQuicktag の使い方は、他の方が詳しく書いていますので いつものようにリンクを貼っておくだけにします。  AddQuicktag – エディタにHTML雛形を登録して記事作成を効率化できるWordPressプラグイン | ネタワン  タグや定型文を一発挿入 AddQuicktag | いわしブログ 投稿時のタグボタンがたくさん増えました。 [caption id="attachment_83" align="alignnone" width="800"]新規投稿のタグが増えました 新規投稿のタグが増えました[/caption] これで手打ちタグのわずらわしさから開放されます。]]>

WordPressを子テーマでカスタマイズする方法。

Twenty Fourteen を直接修正してしまうと Twenty Fourteen がアップグレードしたときに、また同じ修正をしなければならなくなります。それは面倒であるし、ミスも起こりやすい。WordPress は子テーマでカスタマイズしよう。

WordPressに最初から入ってるプラグインAkismetとHello Dollyはどうする?

WordPress 初期インストール済みプラグイン

WordPressが日本語環境でうまくいくWP Multibyte Patchを有効化。 の記事で WordPress 初期インストール済みプラグインをご紹介しました。

  • Akismet
  • Hello Dolly
  • WP Multibyte Patch

WP Multibyte Patch は、WordPressが日本語環境でうまくいくWP Multibyte Patchを有効化。で説明しました。
あとの2つについて書いておきましょう。

Hello Dolly

Hello Dolly は、特に必要なプラグインではありません。
そのままにしていても削除しても問題はないです。
但し、プラグイン作成初心者にはとても学べるものが詰まったプラグインだと言う人もいます。
 [WordPress] Hello Dolly で学ぶプラグイン作りの第一歩 – 鉄王
プラグインを自作しようと思ってる人は参考にできるのかもしれません。
私は、プラグインを作る予定がないので Hello Dolly は、そのままにしておきます。

Akismet

Akismet は、スパムコメントやスパムトラックバックなどから WordPress を守るためのプラグインです。
コメントシステムを使用するのであれば有効化しておきましょう。
詳しいことは下記に書かれていますので参考に
 「Akismet」「Hello Dolly」「WP Multibyte Patch」プラグインとは? | ライフハック.net

初期プラグイン

初期プラグイン