カメラのはじめ方

ミラーレス一眼カメラの選び方

機能や操作感で選ぶ

カメラはメーカーで選ぶのではなく自分自身の用途や撮影スタイルで選ぶべきです。なぜなら性能という点ではほとんど差がないからです。その用途や撮影スタイルに大きく影響するのがカメラの操作感と機能です。

特に操作しやすいかどうかという操作感は重要です。他の人が使いやすい操作感とあなたが使いやすい操作感は、同じかもしれませんし違うかもしれません。自分で触ってみることが大切です。

これは操作してみないと分からない部分です。インターネットで調べてネット通販で即購入とならないようにしましょう。とはいえヒントとなる情報が必要です。この記事は、どの機能のどこを触ってみれば良いのかの判断材料になるでしょう。

操作しやすいミラーレス一眼カメラを選ぼう

カメラはメーカーで選ぶのではなく自分自身の用途や撮影スタイルで選ぶべきです。なぜなら性能という点ではほとんど差がないからです。その用途や撮影スタイルに大きく影響するのがカメラの操作感と機能です。

特に操作しやすいかどうかという操作感は重要です。他の人が使いやすい操作感とあなたが使いやすい操作感は、同じかもしれませんし違うかもしれません。自分で触ってみることが大切です。

これは操作してみないと分からない部分です。インターネットで調べてネット通販で即購入とならないようにしましょう。とはいえヒントとなる情報が必要です。この記事は、どの機能のどこを触ってみれば良いのかの判断材料になるでしょう。

操作感

操作しやすいかどうかは、その後のカメラライフにずっと関わってきます。カメラ選びの時に何を最優先するかと聞かれるとこの操作感であることは間違いないでしょう。

ありえない例えですが、右利きなのにシャッターボタンが左側に付いていたらシャッターを押す度に困りますよね。写真を撮る度に操作が必要になる部分が重要です。シャッターボタン以外に何があるでしょう。

シャッターボタンを押す前に設定すること

明るさの調整

明るさの調整は基本中の基本です。カメラの標準的な明るさ設定と自分が思い描く明るさは同じではありません。シャッターボタンを押す前に明るさを調整します。

設定するのは

  1. レンズの穴の大きさ[絞りとかF値とか]
  2. シャッターを開ける時間の長さ[シャッター速度]
  3. センサーの受光感度[ISO感度]
  4. 明るさ調整機能[露出補正]

個々の詳細や使い方、設定方法は別の記事でご紹介します。

シャッターボタンを押す前に、この4つのうちのいずれか、または全部を自分で設定します。今の段階でそれぞれの意味は分からなくても良いですが、これら4つの項目が操作しやすいカメラかどうかだけはカメラを選ぶ時に確認しておくことが必要です。

カメラを触る機会があれば、操作する場所が分かりやすいか、操作しやすいかなどを確かめてみてください。

この4つの項目は、常に即座に操作可能なカメラを選びましょう。各メーカーでエントリーモデルとして販売されているカメラは残念ながらこの4つの設定がやりやすいとはいえません。エントリーモデルのカメラは「AUTO」撮影専用機と思った方が良いでしょう。

ダイヤルやボタンが多いカメラは一見難しそうに見えるかもしれませんが、そういうカメラが初心者でも操作しやすいカメラといえます。

重要なのでもう一度書きます。この4つは常に設定が必要な項目です。すぐにたどり着けないような場所に設定箇所が隠れているカメラはおすすめしません。

色・色調・トーンの調整

色・色調・トーンもカメラ任せではなく、自分の思いを込めてこだわりの設定にしたいものです。

設定するのは

  1. ホワイトバランス
  2. フィルムシミュレーション
  3. シャープネス
  4. 彩度
  5. ハイライトトーン
  6. シャドートーン
  7. ダイナミックレンジ

少し難しい言葉が並びましたね。こちらも今の段階で意味が分からなくても良いです。操作しやすいかどうかだけカメラを選ぶ時に確認しておく必要があります。

2番目のフィルムシミュレーションはメーカー毎に呼び名が違います。

メーカー別フィルムシミュレーションの呼び名
  • キヤノン:ピクチャースタイル
  • ニコン:ピクチャーコントロール
  • ソニー:クリエイティブスタイル
  • オリンパス:ピクチャーモード
  • 富士フイルム:フィルムシミュレーション

ちなみに富士フイルム、キヤノン、ニコンはフィルムシミュレーションを自分の好みにカスタマイズしてカメラに登録しておくことができます。写真にこだわりたいのであれば、そういった機能のあるカメラを選択するとカメラライフがより楽しくなります。

撮影スタイルに影響があるミラーレス一眼カメラの機能

機能

カメラはメーカーで選ぶのではなく自分自身の用途や撮影スタイルで選ぶべきです。なぜなら性能という点ではほとんど差がないからです。その用途や撮影スタイルに大きく影響するのがカメラの操作感と機能です。

必須の機能ではありませんが、撮影スタイルに影響がある機能をリストアップしてみました。カメラ選びの際に調べて見ると良いでしょう。

近ごろのカメラはほとんど性能差がなくなってきていますので機能に関しては気にしなくても良いくらいになっています。リストアップした機能は撮影スタイルに影響するものです。

これは欲しいと思う機能があれば選ぶ時に確認してみた方が良いでしょう。

  1. ISO感度の上限下限設定機能
  2. カメラ内RAW現像機能
  3. 電子ファインダー機能
  4. 親指AF/AEロック機能
  5. 顔AF/瞳AF機能
  6. 液晶モニター可動機能
  7. 手ブレ補正機能
  8. タッチパネル機能
  9. 内蔵フラッシュ機能
  10. 防塵・防滴機能
  11. スマートフォン転送機能
  12. 光学ファインダー機能
  13. ブラケティング撮影機能

各機能についてよく分からないかもしれません。今後、解説記事を追加していきます。

ちなみに欲しいと思う順番に並べてあります。優先度は使う人によるところがあるのであくまでも参考ということで。無くても困らないという人もたくさんいます。あなた自身が必要かどうかを考えましょう!

自分の撮影スタイルとの相性を考える上で参考になる各カメラメーカーが得意とするジャンルについて書きました。

AUTO撮影とオート撮影は全く違います

はじめてのカメラ選びは、価格やメーカーで選ぶと後悔しますよと何回も書いてきました。用途や撮影スタイルで決めるべきですよと。エントリーモデルも初心者向きではないですよと書きました。

まずはじめに考えて欲しいのが撮影モードです。

基本の撮影モードは撮影モードダイヤルで選ぶことができます。[AUTO|M|A|S|P]又は[AUTO|M|Av|Tv|P]のマークがあるはずです。

[AUTO]がAUTO撮影モード、[M]がマニュアル撮影モードです。それ以外の[A|S|P]又は[Av|Tv|P]がオート撮影モードです。

普段の日常写真、スナップ写真では[M]のマニュアル撮影モードを使うことはほぼありません。

では[AUTO]と[オート]どちらで撮りますか?[AUTO]で撮るか[オート]で撮るかで選ぶべきカメラが違ってきます。カメラを選ぶ前に違いを理解しておきましょう。

AUTOで撮るかオートで撮るか

[AUTO]と[オート]は同じじゃないの?

そう思ったかもしれません。
しかし[AUTO]と[オート]は全く違います。

何が違うの?

冒頭にも書きましたが、撮影モードダイヤルに[AUTO]以外に[M|A|S|P]又は[M|Av|Tv|P]というマークがあります。
[M]以外の[A|S|P]又は[Av|Tv|P]がオート撮影モードです。

[AUTO]はフレーミング以外の調整を全てカメラに任せてしまう撮り方です。
[オート]は一部の調整だけ自分で決める撮り方です。

[AUTO]の方が簡単じゃないの?

確かに簡単です。
シャッターボタンを押すだけですから。

[AUTO]じゃなくて[オート]で撮る意味は?

あなたが撮りたいと思う被写体をカメラは知りません。ではカメラは何を撮っているのでしょうか?[AUTO]はあなたが撮ろうとしている被写体を推測するしかありません。知らないのですからしかたありません。

色、明るさなどは、その場の環境に最適な調整をして撮ります。あなたが描いているイメージに合わせて調整してくれるのではありません。

あなたが本当に撮りたかったイメージとズレてしまうことが多くなります。あなたが描くイメージを知らないのでしかたありません。

例えば、背景にピントが合っていたり、撮りたい主役が暗かったり白っぽくなっていたりします。『色が違うやん』ということが起こります。

カメラはどれが主役かを知らないからです。カメラが故障しているわけではありません。

[オート]では何が主役なのかをカメラに伝えます。主役をどんなイメージで撮りたいのかを自分で調整します。そのために一部の調整だけを自分で決めます。

カメラを選ぶ時[AUTO]で撮るのか[オート]で撮るのかを決めておくことが大切です

[AUTO]ならボタンやダイヤルが少ない方が使いやすい

[AUTO]なら撮影の時に設定項目を触ることがほぼありません。
フレーミングを決めてシャッターボタンを押すだけです。
[AUTO]でしか撮らないのであれば、ボタンやダイヤルが少ないカメラの方が使いやすいということになります。

[オート]なら物理的なボタンやダイヤルが必須

[オート]なら撮影のたびに設定項目を触ることになります。撮りたい被写体やイメージを伝える必要があるからです。

すぐに設定を変えられるようなカメラでなければいけません。物理的なボタンやダイヤルが省略されているカメラは避けるべきです。いちいち液晶モニターで設定箇所を探すようでは困ります。

[AUTO]と[オート]どちらで撮りますか?[AUTO]で撮るか[オート]で撮るかで選ぶべきカメラが違ってきます。カメラを選ぶ前に違いを理解しておきましょう。

カメラメーカーの特色:得意なジャンルは?

メーカーで選ぶのではなく、自分の用途、撮影スタイルで選ぶのが基本です。各メーカー得意なジャンルがあります。あなたの撮影スタイルに合うメーカーは?

メーカーで選ぶのではなく、自分の用途、撮影スタイルで選ぶ

デジタル一眼カメラを購入するとき、どのメーカーのカメラを選べば良いのか気になるところかもしれません。主要カメラメーカーの性能の差異はほぼありません。また万能カメラは存在しませんカメラはメーカーで選ぶのではなく、自分の用途、撮影スタイルで選ぶということを頭に置いておきましょう。

また、あまり知識が無い状態で販売店に行くと、そのお店の利益率の高い商品を選択してしまうことになる可能性が高くなります。それはあなたに利がある選択ではありません。予備知識がある程度必要です。

重ねて書きますが大切なことは、自分自身がカメラをどう使うのか、どのような撮影スタイルで撮るのかをイメージしておくことです。

知っておくと良い情報として各カメラーメーカーが得意とするジャンルをご紹介します。

主要カメラメーカー

  • キヤノン
  • ニコン
  • ソニー
  • パナソニック
  • オリンパス
  • 富士フイルム

はじめて使うカメラであれば主要メーカーから選ぶのが安心です。ではジャンル毎に得意とするメーカーをご紹介します。​

ジャンル メーカー
デジタル一眼レフといえば キヤノン
フィルムカメラといえば ニコン
フルサイズ ミラーレス一眼といえば ソニー
家電系といえば パナソニック
レンズが小さいカメラといえば オリンパス
写真の色・発色が得意といえば 富士フイルム

デジタル一眼レフ

デジタル一眼レフを数多く販売してきたのがキヤノン。但し今後デジタル一眼レフは減少していくことが予想されます。これから始めるカメラとしてデジタル一眼レフはおすすめしません

フィルムカメラ

ミラーレス一眼カメラ全盛の時代になりました。デジタルらしい写真が特徴です。ただそのデジタルっぽさではなくアナログっぽさを好む人たちが増えてきています。そういう人の間でフィルムカメラが見直されています。今でもフィルムカメラを新品で販売し続けているのがニコンです。

フルサイズミラーレス一眼

いち早くフルサイズのミラーレス一眼カメラシステムを構築して販売してきたのがソニー。キヤノン、ニコン、パナソニックがソニーを追いかけますが現実的に追いつくのは難しいでしょう。

特に、キヤノン、ニコンはこれまでのデジタル一眼レフユーザーのカメラライフを維持しながらの競争なので大変です。

フルサイズの難点は、レンズ、付属品、周辺器機などカメラだけでなく総合的に大きさ、重さ、価格が増えてしまうことです。その点は注意が必要です。

レンズが小さいカメラ

ポケットに入る、いつでもカバンに入れておけるカメラといえばオリンパス。小さくていつでも持ち歩くことができるということは撮影機会が増えると言うことです。せっかく手に入れたカメラなのでたくさん使ってあげたいですね。

オリンパスのカメラがなぜ小さいか、どれくらい小さいかは以下の記事をご覧ください。

写真の色・発色が得意

もともとフィルムメーカーである富士フイルムは色・発色ジャンルで1番を譲ることは無いでしょう。富士フイルムのミラーレス一眼カメラは、他のメーカーにはない「色・発色にこだわる人たちのための機能」を備えています。

カメラの心臓部ともいえる画像処理エンジンにも力を入れているメーカーです。色・発色にこだわりたいのであれば富士フイルムのカメラが唯一の選択肢になるでしょう。

作例
富士フイルムミラーレス一眼。発色のこだわり、それを活かす独特の撮影スタイル。

もともとフィルムメーカーである富士フイルムは色・発色ジャンルで1番を譲ることは無いでしょう。 富士フイルムのミラーレス一眼カメラは、他のメーカーにはない「色・発色にこだわる人たちのための機能」を備えて ...

続きを見る

カメラは用途、撮影スタイルで選ぶ

カメラはメーカーで選ぶのではなく、自分の用途、撮影スタイルで選ぶと書きました。その用途や撮影スタイルに大きく影響するのがカメラの機能と操作感です。

特に操作しやすいかどうかという操作感は重要です。他の人が使いやすい操作感とあなたが使いやすい操作感は、同じかもしれませんし違うかもしれません。自分で触ってみることが大切です。

これは操作してみないと分からない部分です。インターネットで調べてネット通販で即購入とならないようにしましょう。

デジタル一眼カメラを買うことが決まった。となった頃にもいろいろ悩ましい問題が浮かんできます。購入する前に確認しておきたいポイントを書きました。

 ミラーレス一眼カメラの選び方
 ミラーレス一眼カメラの買い方
 ミラーレス一眼カメラの使い方
 富士フイルム X ミラーレス一眼カメラの使い方

Copyright© ミラーレス一眼カメラとオールドレンズで撮る草花ポートレート写真 , 2020 All Rights Reserved.