カメラのはじめ方

ミラーレス一眼カメラの買い方

デジタル一眼カメラを買うことが決まった。じゃぁどこで買う?お得な買い時ってあるの?やっぱり新品が良いの?案外中古でも大丈夫?最新機種を狙うか値下がりする旧型か?ボディー単体で買うかレンズとセットで買うか。。。

いろいろ悩ましい問題が浮かんできます。購入前の確認ポイントをまとめてみました。

購入前の確認ポイント

買い時はいつ?

発売直後は高い

新機種の発売直後は当然値段が高くなります。また出たばかりのものは一般で使用されていない状態なので不具合が未発見の可能性もあります。

新商品となるとうずうずして速く欲しくなるのは分かりますが、待てるならしばらく待ってみても良いでしょう。

ただ、この新発売の時期には予約するとお得になるキャッシュバックキャンペーンが開催されたりします。もしそのキャンペーンで大幅なキャッシュバックがあるならば検討の余地はありそうです。

狙い目は?

予約商品が捌けるまでは値下げの可能性は少ないでしょう。そう考えると値が下がり始めたら予約が捌けたというサインともうけとれます。

登場後3ヶ月〜半年、価格の変動をチェックしておきたいですね。価格コムというサイトではカメラの価格変動をお知らせしてくれるサービスがあり便利です。

ただし注意点!価格コムは最安のお店を教えてくれたり、もっと安いカメラを教えてくれたりします。使いやすさ操作しやすさを忘れて安い商品に心変わりしないようにしましょう。

価格コムでは過去の価格変動をグラフで確認することができます。欲しい機種の一世代前の価格変動を見て登場から何ヶ月でどれくらい値下がりしたかを確認してみると良いでしょう。

半年までに2割程度値が下がっているのではないでしょうか。発売後3ヶ月から半年あたりが狙い目かもしれません。

CP+などカメライベント直前

カメラ関連企業が集まるイベントがいくつかあります。CP+もそのひとつ。各社はそのイベントに向けて自信の新作を出してきます。

つまり、その直前というのは現行機種や旧機種の値下げタイミングでもあります。カメラが欲しいと思った時期が大きなカメライベントと重なるようなら要チェックです。

新機種発表後の現行機

先ほどの話と重なりますが、新機種が発表されるとそれまでの現行機種が値下げする場合があります。現行機種と新機種の機能差をあまり感じられないようであれば検討しても良いでしょう。

ただし、昔のフィルムカメラと異なりデジタルカメラの進歩は激速です。性能差が少ないように見えて実は大きな差があるということも考えられます。ちょっと無理してでも最新機種を選んだ方が良いかもしれません。

続いて、どこで買うのが良いのか。販売店についてのお話です。

どの販売店で買う?

触ってみてから

カメラ販売の実店舗が近くにあるか無いかで答えは違ってくるかもしれません。近くに実店舗がなければネット通販に頼らざるを得ません。

但し、当ブログで何カ所も書いてることですが、1度はカメラを触ってみて欲しいのです。自分にとって使いやすいのかどうか操作しやすいカメラなのかは重要です。

最近はカメラをレンタルできるサービスもあります。その分コストが増えますが触らずに買うのだけは避けるべきです。

カメラ、家電、ガジェットのレンタル【Rentio】
人気家電・カメラの宅配レンタルが4日間\1,980~

どのカメラにするのか検討するためならどのお店でもかまいません。カメラを置いている実店舗で実際に触って選びましょう。できれば商品ラインナップが多い大型店がおすすめです。

ヨドバシカメラ、ヤマダ電機、ケーズデンキ、カメラのキタムラ、エディオン、ソフマップ、ビックカメラなどお近くのカメラ屋さんを探しましょう。

注意!検討する店と購入する店は別

使いやすいカメラ、操作しやすいカメラが見つかるまで購入してはいけません。「安いから」とか「何でも綺麗に撮れる」だとか「今なら○○」とかお店の誘惑に負けないようにしてください。

そういう類いの理由で購入したカメラは、ほぼクローゼットの奥の奥にしまい込まれて使われることはありません。何でも綺麗に撮れる万能カメラは存在しません。大きなズームレンズなんて滅多に使う機会はありません。

納得いくまでカメラに触れて揺るぎないところまできてからお店選びを考えましょう。どのお店で購入するのか?ここまできたらもう安心できるところで買うのが1番です。

Amazon通販が安心できるのであればそれも良し、ヨドバシカメラの対応が気に入ったならそれも良しです。カメラ本体を選ぶまでにココなら大丈夫と感じたところを選びましょう。

それでも価格が気になりますか?それなら価格コムで比較することも可能です。

続いて、カメラは新品が良いのか中古でも大丈夫なのかというお話です。

新品か中古か?

カメラはデジタルになりました。

電子コンピューター器機です。
撮り方は簡単になりましたが中身は高性能パソコン並みです。

パソコンは中古で買いますか?
新品で買いますか?

それがこの答えになるかもしれません。

中古品屋さんに売られる理由は?

中古品に売られる理由が何かを考えてみます。

  • 古くなったから
  • 買って間もないが新製品に買い替えたから

古くなったからと理由で売られた中古品は、あまり買いたいとは思いません。買って間もないけど新製品に買い替えたという理由ならそれほど悪くないかもしれません。贅沢な話ですけどね。

そのあたりを見極めることができれば、中古品も検討の余地はありそうです。有名な中古カメラショップはカメラのキタムラ、マップカメラがあります。品質のランク分けが表示されているので判断基準になります。

はじめてのカメラだとするとなかなか判断が難しいと思いますので新品をおすすめします。

続いて、カメラ本体を単体で買うかそれともレンズセットを買うかというお話です。

購入はボディ単体かレンズセットか?

レンズセットはおすすめしません

始めから答えを書いてしまいますが、レンズセットはオススメしません。セットで付いているレンズの用途や特質を理解しているのであれば大丈夫ですが、カメラ初心者さんには難しそうです。

撮るモノが違えばレンズも異なります。交換する必要があります。だからこそのレンズ交換式カメラです。撮るモノが決まっていない場合どのレンズが必要なのかは決まりません。

なぜレンズセットで販売されているのでしょう?
お店の人はお客様が何を撮るのか知っているのでしょうか?

そんなはずはありません。
レンズセットはお客様のためではなくお店側の都合です。

まず、何をどう撮りたいのか考えましょう。そして自分の撮影スタイルに合う使いやすい操作しやすいカメラ本体を決めましょう。

そして必要なレンズを考えましょう。超望遠ズーム必要なのですか?ズームレンズ2本もどう使うのですか?

レンズセットは日常的に1番よく使うレンズがセット販売されていません。結局もう1本買うかお金がなくてカメラをやめるかの選択になりがちです。

ズームレンズは初心者には難易度が高い

1番良く使うレンズは何を1番撮るかで変わります。日常的に使いやすいレンズというのはあります。それはズームできないレンズです。

カメラを始めた頃というのは、シャッターボタンを押す際に設定項目は少なくしたいはずです。ズームというのは便利ですが初心者にとっては難易度が高いものです。

ズーミングというとても難しい作業が増えてしまうからです。

1本目はズームできないレンズを選ぼう

ズームできないレンズ。それが日常的に使いやすいレンズです。まず1本目のレンズはズームできないレンズを選ぶことをおすすめします。

それで撮れないものが出てきたときに他のレンズも検討すれば良いでしょう。

ズームレンズでなければいろんな写真が撮れないと思いますか?

「写ルンです」というカメラをご存じでしょうか?ズームできないカメラですが日常的なものなら不満なくいろんな写真を撮ることができます。

もっとこう撮りたい、あんな写真を撮りたい。。。と思い始めた頃に2本目のレンズを考えましょう。続いてカメラを購入する時に確認しておきたい支払方法と保険のお話です。

購入時の確認ポイント

購入するカメラ本体と1本目のレンズが決まり、購入するお店も決めました。ついにはじめてのデジタル一眼カメラ購入です。ドキがムネムネしますね。

支払方法と保険

支払方法として一括支払いか分割払いか。保険はどうするか。といった事も気になります。価格の総合計もかなり大きくなるはずです。分割払いだと手数料も大きくなってしまいます。

一括払い or 分割払い

とはいえ一括で払うのも大変です。もちろん一括で払えるのならそのほうが良いのですが、そうもいかない場合、分割でも手数料をゼロにできるショップが頼りなるかもしれません。

「最長○回払いまで金利・手数料はショップが負担します!」

というサービスを提供しているショップがあります。あなたが「ココで買う」と決めたお店を確認してみてはいかがでしょうか。

 ビックカメラ | お支払方法 ショッピングローン
 大好評!ショッピングクレジット金利0%キャンペーン開催中!!「フジヤエービック オンラインショップ」
 ショッピングクレジットのご案内|カメラのキタムラネットショップ
 分割払い最長60回まで無金利!家電品 | ヤマダウェブコム
 超低金利ショッピングクレジット|マップカメラ

保険(延長保証)

保険と書きましたが実際は延長保証です。なぜ延長なのか。デジタル一眼カメラは通常メーカー保証が1年間付いているからです。

購入するお店側が1年後に延長する保証が延長保証です。お店毎に保証内容が異なるのでご確認ください。ここでは確認するポイントをお伝えします。

メーカー保証の確認
  1. メーカー保証の期間
  2. 期間内の無償の範囲と有償の範囲
  3. 初期不良の規定
  4. 自然故障以外(事故・落下・水没など)の故障の対応
  5. 修理依頼の方法
  6. 修理の際の運搬諸経費の負担
  7. 修理期間中の代替機の貸出の有無

一般的にメーカー保証での無料修理は初期不良と自然故障だけの場合がほとんどです。事故、自然災害、落下、水没、冠水、浸水、砂泥かぶりなどによる故障は有料修理になることが多い。

保証期間を証明するために購入日が分かる保証書、領収書が必要になるので必ず保管しておくようにしましょう。

各メーカー毎に保証内容は異なりますので具体的な内容はメーカーにお問い合わせください。

 長期保証(VAIO以外の対象商品) | ソニーストアについて | ソニー
 αあんしんプログラムでもっとおトク! 「レンズ長期保証」のメリットをご紹介 | ソニー

 キヤノン:サポート|カメラ関連アクセサリーの製品保証について
 キヤノン:サポート|修理のお問い合せ・お申し込み

 1年安心サポートサービスとは|初めてご利用の方へ|ご利用ガイド|ニコンダイレクトは株式会社ニコンイメージングジャパンが運営する公式オンラインショップ NikonDirect
 保証規定 3年安心サポート|3年安心サポートサービスとは|初めてご利用の方へ|ご利用ガイド|ニコンダイレクトは株式会社ニコンイメージングジャパンが運営する公式オンラインショップ NikonDirect
 修理 | サポート | ニコンイメージング

 カメラ・オーディオ製品 | 修理について 保証 / 費用体系について | オリンパス
 カメラ・オーディオ製品 | 修理について 保証対象についてのご注意 / 補修部品の保有期限を過ぎた製品 | オリンパス
 カメラ・オーディオ製品 修理について | オリンパス

 故障かな?と思ったら…|修理サービス(デジタルカメラ) | 富士フイルム
 保証期間|修理サービス(デジタルカメラ) | 富士フイルム
 修理受付対応製品および修理料金 | 修理サービス(デジタルカメラ) | 富士フイルム

注目しておきたいのがソニーの保証です。ソニーストアで購入したものに限るのですが、長期保証ワイドを付けておくと破損、水濡れ、火災、偶然な事故破損も無料修理が受けられるオプションがあるようです。(2019年3月13日時点)。

但し、ソニーストアでの購入そのものが料金高めという話もあります。

延長保証の確認

延長保証というのはメーカー保証期間が終了した後の保証期間を延長するものです。こちらはメーカー保証ではなく購入するお店の保証という事になります。

メーカー保証と同等なのか全く異なるのか、こちらも各ショップに保証内容を確認する必要がありそうです。確認するポイントはメーカー保証と同じですが初期不良は省かれるはずです。

  1. 保証の期間
  2. 期間内の無償の範囲と有償の範囲
  3. 自然故障以外(事故・落下・水没など)の故障の対応
  4. 修理依頼の方法
  5. 修理の際の運搬諸経費の負担
  6. 修理期間中の代替機の貸出の有無
  7. 修理回数

保証期間中何度でも修理対応可能なのか1回限りなのかも要チェックですね。
カメラやレンズは下取り、買取りを利用する可能性が高い商品です。下取り、買取り保証もセットになっているとお得な場合もあります。

 5年間保証|カメラのキタムラネットショップ
 ビックカメラ | ビック長期保証
 5年間延長保証|カメラ買取・販売専門店のカメラのナニワ
 延長保証サービスとは - ノジマオンライン
 ヨドバシ.com - 保証
 あんしん延長保証|[通販]ケーズデンキ
 無料 長期保証 | ヤマダウェブコム
 お買い物方法 - アフターサービス
 あんしん修理保証|カードの特長|エディオンカード|エディオンメンバーズサイト
 安心サービスについて|マップカメラ

注目!物損保証もある延長保証

お店ではなくクロネコヤマトが提供している延長保証も要チェックです。自然故障だけでなく物損も保証されるようです。
 家電Dr.クロネコ延長保証サービス

ヤマトとAmazonnがコラボした延長保証も要チェック
故障品の回収、修理手配、返却まで一括で任せられるのは安心ですね。
 Amazon.co.jp: カメラレンズ 3年 長期保証 (自然故障・不具合に対応 / 対象製品税込価格 35,000円~39,999円): 家電・カメラ

こうなるとアマゾンで購入するのがベストなのかもと思えてきます。
 Amazon.co.jp: ミラーレス一眼カメラ リスト

購入時の確認ポイントはいかがでしたか?購入直後にも確認しておきたいポイントがあります。

購入直後の確認ポイント

キャッシュバックキャンペーン応募

キャッシュバックキャンペーン期間中に購入した場合は、忘れずに応募しておきましょう。10,000円でも帰ってくると他のアイテムを手に入れることができます。

カメラとレンズ以外にも必要になるものはいくつかあります。たとえば、SDカード、レンズ保護フィルター、レンズクリーナー、カメラ収納箱、予備バッテリー、液晶モニター保護シールなどすぐに必要になるものがあります。

応募期間を確認して早めに応募しておきましょう。保証書領収書に加えてパッケージのバーコードなどを切り抜いて送付する必要があるかもしれません。応募するまで外箱は大切に残しておきましょう

メーカーのメンバー登録

会員登録して購入した商品を登録しておくと、最新機能を追加するソフトウェアのダウンロード情報のお知らせが届いたり、最新情報を知ることができます。

実はデジタルカメラは買ったらそれで完成ではないのです。メーカーは便利で楽しい機能を引き続き開発しています。その新機能を後から追加することが可能なのです。会員登録しておくとそんな情報が届きます。

 My Sony|ソニー
 キヤノンイメージゲートウェイ|キヤノン
 ニコンイメージング会員|ニコン
 LUMIX CLUB (ルミックスクラブ)|パナソニック
 Fotopus(写真コミュニティフォトパス)|オリンパス
 My FUJIFILM(マイフジフイルム)|富士フイルム

使い方講座への参加

はじめてのデジタル一眼カメラ。はじめは誰でも撮り方が分かりません教えてもらうのが1番です。但し、何を教えてもらうかを間違えないようにしましょう。

なんとなくカメラ講座を探していると撮り方の講座にたどり着いてしまいそうです。一見間違ってはいないように思えますがはじめてデジタル一眼カメラを使う方が参加するのは“撮り方”講座ではありません

デジタル一眼カメラの“使い方”講座に参加しましょう

初めてだから「写真の撮り方が分からない」と困っている方のほぼ100%が「撮り方」ではなくカメラそのものの「使い方」が分からなくて困っているのが現実です。

あなたが購入した自分のカメラを使いこなせるようになってから「撮り方」を学ぶのがおすすめです。

ミラーレス一眼カメラ専門の使い方講座を選ぼう

自分のカメラがミラーレス一眼デジタルカメラのタイプであればミラーレス一眼カメラ専門の使い方講座へ参加しましょう。一眼レフとミラーレス一眼は使い方が全く異なりますので間違いのないようにご注意ください。

ミラーレス一眼カメラをはじめる頃に役立つ使い方体験|京都のフォトスタジオで個人レッスン

当ブログを運営しているハタモトシンイチが開催している講座です。フォトスタジオでの個人レッスンなので他の受講者に気兼ねすることなく集中して受講することができます。カメラの設定や基本操作が解らなくても大丈夫。個人レッスンなので受講者の習得レベルに合わせて進めることができます。

 ミラーレス一眼カメラの選び方
 ミラーレス一眼カメラの買い方
 ミラーレス一眼カメラの使い方
 富士フイルム X ミラーレス一眼カメラの使い方

Copyright© 何気ない日常の残し方 , 2020 All Rights Reserved.