エッセイ

カラフルピーマン炒め。ピーマンじゃなくてパプリカですけど。

投稿日:2016年3月17日 更新日:

-, ,

カラフルピーマン

カラフルピーマン炒め

カラフルピーマン炒め。
と書いたけど緑のもの以外はピーマンではなくパプリカ。
スーパーでは韓国産のパプリカをよく見かける。
国産より大きい。
よく育つのかな?

カラフルな果実の色からして暖かいところで作られていると思ってたんですけど、一大生産地はハンガリーなのだそうだ。

ハンガリーではパプリカを使った料理が多いらしい。
ウィキペディアで調べたんですけどね。
Googleでパプリカを検索してみると、2006年の日本のアニメーション映画「パプリカ」が一番上に現れた。

10年前のアニメ。
ちょっと気になったので書いておく。

カラフルピーマン

大きくてカラフル。
育て甲斐のありそうな野菜なのでベランダで育ててみたいと毎年思う。
まだチャレンジしたことはない。
実が大きいだけにベランダでは狭すぎるかなとためらってしまう。
ミニパプリカってあるのかな?

最近は、いろんな野菜のミニ種がある。
ミニトマトもそうだ。
もっと小さいマイクロトマトもある。

で、ミニパプリカ。
やはりあるんですね。
以前マイクロトマトの種を購入した藤田種子さんところでも販売しているようです。

苗から育てるならタキイ種苗さんが新発売してました。
レッド、イエロー、オレンジの3色セット。
既に売り切れになってますけどね。
気付くのが遅かった。
また見つけたら挑戦してみようかな。

カラフルピーマン炒め

そのカラフルピーマンを今回は炒め物にしました。
レシピは... 必要ないですよね。
切って炒めるだけだから。
味つけ?

塩でいいんじゃないですか?(ちょっと投げやりに...)ひとつまみ程度。
小さなひとつまみですよ。

カラフル感を残したいので塩が一番合うのではないでしょうか。

切るだけ!塩だけ!炒めるだけ!

おとうさんも簡単にできますよね。
ぜひお試しを。

ひと手間かけるなら、ここにジャガイモいれるのもアリ。
ポテトフライ型に切ってレンジで軽めにチン(チンてもう言わない?)したジャガイモを一緒に炒めるのもおすすめ。

カラフルピーマンを炒めていると息子が一言。

甘いのがパプリカで苦いのがピーマン!

自慢げに。

まぁ基本的にそうなんです。
けど最近のピーマンは甘くなってません?
あの、にが〜〜いピーマンが懐かしい。
そう思うことはありませんか?

今日も元気に楽しく

-エッセイ
-, ,

Copyright© ミラーレス一眼カメラとオールドレンズで撮る草花ポートレート写真 , 2020 All Rights Reserved.