何気ない日常の残し方

日々の暮らしの中にある何気ない日常風景を残しませんか

ポッドキャスト ハウツー カメラ & 撮影

レンズを選ぶ時「最短撮影距離」を確認することは大切

投稿日:2020年11月25日 更新日:

-, , , , ,

トキナー Xマウントレンズの価格がわかったけど...33mmなら純正xf35を推す。

先週から、富士フイルムXミラーレス一眼カメラ用のトキナーレンズに関する話を書いています。

11/20には、リリースの話を書きました。

その翌日11/21には、価格に関するウワサの話を書きました。

その後、すぐにトキナーから正式な価格の公表もありましたのでお伝えしておきます。

:::

平日の朝、noteに投稿している朝のカメラ情報メモからカメラに関する話題を日常視点で解説ししています。

今回は、11/24のメモから
☞ 写真で見るTokina atx-m 23mm F1.4 X・33mm F1.4 X - デジカメ Watch

公式のオンラインショップ価格で、atx-m 23mm F1.4 の方が 60,500円(税込)、stx-m 33mm F1.4 の方が 53,801円(税込)です。

ほぼウワサの通りでしたね。

いまのところアマゾンには出てきていませんでした。マップカメラでの価格は 23mm が 5万4,000円台、33mm が 4万8000円台のあたりでみつかります。

さて、仕様も価格も判明してきたトキナーのXマウント atx-m レンズ。もし、33mmの方を検討しているのであれば、個人的には純正の XF35mm F1.4 を推します。

価格の差もそれほどお得感がありません。使い勝手も 純正の方が手に馴染む感じがするようなきがします。なにより、純正のほうがサイズが小さい。

XF35mmF1.4 は、オートフォーカスが遅いらしい(最新カメラで改善)ですけど、気にしたことはありません。

そのあたりの比較記事を見つけました。

写真で見るTokina atx-m 23mm F1.4 X・33mm F1.4 X - デジカメ Watch

この中で時に注目したいところは

最短撮影距離
全長
質量

の3つです。

わたしは、日常カメラ、草花撮影視点の考察です

最短撮影距離

最短撮影距離は、撮影する被写体にどれくらいカメラを近づけて撮影できるかということです。

純正XF35 は、28cm(マクロ時)
atx-m は、40cm

これは、かなり違いが大きいです。
被写体に近づくことができないレンズは、ストレスを感じることがあります。

ちょっとイメージしていただきます。
座ってテーブルの上のモノを撮影します。
純正XF35mmの場合、そのまま普通にカメラをかまえて撮ることができます。最短撮影距離40cm の atx-m の場合、少し背中を背ける、または椅子を後ろにひいて撮る必要がありそうです。

これが、毎回だとストレスを感じそうじゃないですか?

noteでも何度か書いていますが、レンズを選ぶ時「最短撮影距離」を確認することは大切です。

全長・質量

全長は、一目瞭然ですね。
純正が 50.4mm
atx-m が 72mm

質量は、
純正が 187g
atx-mが 285g

atx-m 33mm なら、純正XF35mm F1.4 の検討も

安くて明るい単焦点レンズが欲しい。というならトキナーから発売される atx-m シリーズは、おすすめ。ですが、33mm の方は、富士フイルム純正の XF35mm F1.4 を検討してみても良いですよ。

とうお話でした。
今日も元気に楽しく

-ポッドキャスト, ハウツー, カメラ & 撮影
-, , , , ,

Copyright© 何気ない日常の残し方 , 2021 All Rights Reserved.