Instagramが動画対応になったので解説ムービー。

今年は動画が来てますね。Vineも盛り上がってますが、オシャレな写真がいっぱいのInstagramも動画対応になりました。動画フィルターも簡単!解説ムービーを作りましたのでご覧ください。 4月には利用者1億人というアナウンスがありましたが、約2ヶ月で3,000万人増えて1億3,000万人になっている。 バージョンは4.0.0。 最大15秒の動画が撮影できます。 世界トップレベルの手ぶれ補正機構も搭載されているそうです。 どんなレベルなのかわかりませんが、動きながらでも手ぶれが少なくなるのはとても嬉しいです。 ブレた動画を見るのは辛いですからね。

スマートフォンカメラアプリ:アップグレード or ダウンロード

既にInstagramを使ってる人はさっそくアップグレードしてみてください♪ まだの人は、アプリのダウンロードをぜひ♪ Android版:ダウンロード iOS版:ダウンロード アップデート

Instagram動画を撮ろう

アプリを起動するといつもと少しだけ違ってます。 右に動画アイコンがありますね! 切り替え前

動画撮影のコツ

クリックすると動画撮影画面に切り替わります。 赤くなった撮影ボタンを押している間が撮影されるので、押したり離したりしながら撮影してみよう。 最大15秒撮れますが、1シーンを3秒から6秒までにしてつなげるのが動画が間延びしないコツですね。 切り替え後

動画フィルタもかけられる

Instagramのオシャレなフィルタが動画でも使えます。 いろいろ試してお好みのフィルタを選ぼう。 フィルタ選択

カバー写真も選べる

アップロードした動画が印象的に見えるかどうか、見てもらえるかどうかはカバー写真で決まるかもしれません。 いちばん魅力的な写真をカバー写真に選びましょう。 カバーフレーム選択

解説ムービー

撮影後のフィルタ選択、カバーフレーム選択からソーシャルメディアへの投稿まで、解説ムービーを作りましたのでご覧ください。[約1分26秒:音声なし 8月に動画読み込み機能が追加されました。 「Instagram動画、自分が撮った過去の動画の読み込みと編集方法。」こちらの記事もどうぞ!]]>