AUTO撮影とオート撮影は全く違います

AUTOで撮るかオートで撮るか

[AUTO]と[オート]は同じじゃないの?

そう思ったかもしれません。 しかし[AUTO]と[オート]は全く違います。

何が違うの?

冒頭にも書きましたが、撮影モードダイヤルに[AUTO]以外に[M|A|S|P]又は[M|Av|Tv|P]というマークがあります。 [M]以外の[A|S|P]又は[Av|Tv|P]がオート撮影モードです。 [AUTO]はフレーミング以外の調整を全てカメラに任せてしまう撮り方です。 [オート]は一部の調整だけ自分で決める撮り方です。

[AUTO]の方が簡単じゃないの?

確かに簡単です。 シャッターボタンを押すだけですから。

[AUTO]じゃなくて[オート]で撮る意味は?

あなたが撮りたいと思う被写体をカメラは知りません。ではカメラは何を撮っているのでしょうか?[AUTO]はあなたが撮ろうとしている被写体を推測するしかありません。知らないのですからしかたありません。 色、明るさなどは、その場の環境に最適な調整をして撮ります。あなたが描いているイメージに合わせて調整してくれるのではありません。 あなたが本当に撮りたかったイメージとズレてしまうことが多くなります。あなたが描くイメージを知らないのでしかたありません。 例えば、背景にピントが合っていたり、撮りたい主役が暗かったり白っぽくなっていたりします。『色が違うやん』ということが起こります。 カメラはどれが主役かを知らないからです。カメラが故障しているわけではありません。 [オート]では何が主役なのかをカメラに伝えます。主役をどんなイメージで撮りたいのかを自分で調整します。そのために一部の調整だけを自分で決めます。

カメラを選ぶ時[AUTO]で撮るのか[オート]で撮るのかを決めておくことが大切です

[AUTO]ならボタンやダイヤルが少ない方が使いやすい

[AUTO]なら撮影の時に設定項目を触ることがほぼありません。 フレーミングを決めてシャッターボタンを押すだけです。 [AUTO]でしか撮らないのであれば、ボタンやダイヤルが少ないカメラの方が使いやすいということになります。

[オート]なら物理的なボタンやダイヤルが必須

[オート]なら撮影のたびに設定項目を触ることになります。撮りたい被写体やイメージを伝える必要があるからです。 すぐに設定を変えられるようなカメラでなければいけません。物理的なボタンやダイヤルが省略されているカメラは避けるべきです。いちいち液晶モニターで設定箇所を探すようでは困ります。]]>