プロセスを楽しむ一眼レフと結果を重視するミラーレス一眼

旧式の一眼レフ、新式のミラーレス一眼の撮影スタイルの違い フィルムを前提とした開発されてきた一眼レフ。デジタルを前提として開発が進むミラーレス一眼。当然、撮り方や撮影に対する考え方など撮影スタイルも全く違います。 デジタル一眼カメラを選ぶ前に自分の撮影スタイルをイメージしておくことが必要です。

撮影スタイルの違い

プロセスを楽しむ一眼レフ

一眼レフの場合は撮っている時点でどんな写真に仕上がるのかわかりません。結果を想像しながら撮ります。 [st-point fontsize=”” fontweight=”bold” bordercolor=””]写真が完成するまでのプロセスを楽しむのが一眼レフです。[/st-point]

結果を重視するミラーレス一眼

一方、ミラーレス一眼は写真の仕上がりを確認しながら撮ります。結果を重視する撮り方と言えます。 [st-point fontsize=”” fontweight=”bold” bordercolor=””]どんな写真になるのか撮影するその場で結果が分かるので楽しむチャンスが増えることになります。[/st-point] また、その場で確認するので失敗も少なくなります。入学式、卒業式、結婚式など撮り直しできない場面ではとても助かります。 [st-kaiwa1]一眼レフとミラーレス一眼、あなたならどちらを選びますか? さて、カメラを選ぶ前に考えておきたいことがもう1つありました。イメージセンサーの大きさです。次の記事をどうぞ。[/st-kaiwa1]]]>