デジタル一眼レフかミラーレス一眼カメラか?

型式[一眼レフ or ミラーレス一眼]とセンサーの大きさの2点です。

  1. カメラの型式[一眼レフ or ミラーレス一眼]
  2. センサーの大きさ
この2点は、その後のカメラライフが大きく変わってしまうポイントです。後から簡単に変更することができないので理解しておきましょう。 今回は、はじめて選ぶ一眼カメラ「一眼レフ」か「ミラーレス一眼」かについて書きました。

一眼レフとミラーレス一眼の違い

一眼カメラって全部同じだと思っている人が多いようです。それはしかたないことです。新しいタイプのカメラが登場したのが最近だからです。

旧式と新式

旧式の一眼カメラは一眼レフ新式の一眼カメラはミラーレス一眼といいます。
  • 式 = 一眼レフ
  • 式 = ミラーレス一眼
デジタル一眼カメラを大きく2つに分類すると一眼レフミラーレス一眼に分かれます。デジタル一眼カメラを選ぶ際には、まずこのどちらを使うか決める必要があります。 一眼レフとミラーレス一眼は、カメラの構造も写真の撮り方考え方も全く異なるものと捉えておくと良いです。だから価格で決めたり、大きさや重さで比べるものではありません。 一眼レフは旧来のフィルムカメラがそのままデジタル化されたカメラといえます。デジタル前提の型式ではありませんミラーレス一眼デジタルを前提として開発された新しい型式のカメラです。 車で例えるなら、マニュアルミッション車とオートマチック車の違いに似ているかもしれません。 今では公道であまり見かけなくなったマニュアルミッション車。全く利用されなくなったわけではありませんが年々減少し今では新車販売の98%以上がオートマチック車となっているようです。 カメラの話に戻ります。一眼レフのカメラも数年後にはほとんど利用されることが無くなっていくのではないかということです。一部のコアなファンの間で残っていく可能性もあります。 但し、そのコアなファン層が使うカメラは、デジタルの一眼レフではなくフィルムカメラの一眼レフという可能性が高いでしょう。それが一眼レフの本来の姿だからです。]]>