暗くなった陰にも表情を出したいときに便利な機能を使おう。

シャドウトーン 明るい背景で被写体の陰が暗くなってしまったとき。陰の部分にも表情を出したいと思ったときに便利な「シャドウトーン」のお話です。

青空に木々

晴れた朝。カメラを持って散歩をしているとですね。気持ちよいんです。青い空が。ボタニカルポートレイト写真は背景が大切な要素なんですね。雲のない青空は良い背景になってくれます。 ところがです。明るい青空を背景に草花や木を撮影するとどうなります? 被写体は黒くシルエットになってしまいます。 シルエット こんな感じ。シルエットになるのがダメだということはないんですよ。もう少し陰の部分に表情が欲しいなぁと思うことがあります。 ちょっと話がズレてしまいますがお付き合いください。

陰と影

「陰」という言葉が出てきました。カゲには「影」と「陰」がありますね。あまり気にしたことないですか。「陰影」なんて言ったりもします。 「影」と「陰」は違うものなので使い分けてくださいね。 遠い昔の話です。デッサンを描いていた頃がありましてね。まぁ、あまり上手くはありませんでしたけど。デッサンしていると当然なのですが「影」と「陰」は区別して意識します。 これ、写真でもそうなんですね。「影」と「陰」は違うものと意識した方がよろしいと思うのです。 イングリッシュでも「影=シャドー」、「陰=シェード」と別のワードになってますね。 で、その違いです。物体に光が当たっていない側が暗くなる。その部分が「陰」です。物体に光が当たってその反対側の地面や壁にできるのが「影」です。わかりますかね。 つまり、上の写真の場合は「陰」ですね。どうでも良さそうな話ですが、大切な事なので書きました。

陰の部分の表情

話を戻します。陰の部分に表情を残したいという話でしたね。 その際に、富士フイルムXシリーズのカメラは便利なんです。そういう表情作りも得意なんですね。 まぁ、先にどうなったかを見て頂きましょうか。 街路樹 わかりますかね。陰に表情が出てるでしょ。ちょっとした違いなんですけどね、印象が違って見えます。
シルエット
街路樹
何をしたのか。 富士フイルムXシリーズのカメラは、陰影の調子を設定変更して撮影することができるのです。 [st-kaiwa1]今回はシャドー(影)部分ではなくシェード(陰)部分ですけどそこは気にせずに。[/st-kaiwa1] どこで設定するかと言いますと。「Qボタン」を押すとでてくるパネルの「シャドートーン」で設定します。 いま気付いたのですが、正しい表記は「シャドートーン」じゃなくて「シャドウトーン」なんですね。 陰影部分だけではなく明るいハイライトの部分も設定出来ます。詳しくは富士フイルムの公式サイトをご覧ください。  「シャドウトーン」や「ハイライトトーン」の調整の仕方 富士フイルムXシリーズのカメラは「Qボタン」を使いこなすと、さらにぐーんと楽しくなります。「Qボタン」使わないともったいないですよ。ぜひお試しください。 今日も元気に楽しく]]>