FUJIFILM X-Pro3 は、撮る人を選ぶカメラ。

FUJIFILM X-Pro3の挑戦的な個性。隠し液晶、光学ファインダーと…

X-Pro3 発表

FUJIFILM X-Pro3 が10月23日に発表されました。 発売予定日は11月28日のようです。 購入予定の方はおられますか? 価格が20万円を超えるカメラです。 誰もが買えるモノではなさそうです。 さて、『X-Pro3 と書かれても知らない』。 という方のために簡単に説明しておきます。 富士フイルムのミラーレス一眼カメラの種類についてです。 ご存じないですか!? カメラは、ソニーとキヤノンしか知りませんか!? そうですか。 残念です。😅 富士フイルムはフイルムの会社だと思ってましたか? まぁ、それも間違いではありません。 今でも写真フィルムを販売していますので。 今でのフィルム写真愛好家が少なからずいますからね。 富士フイルムもミラーレス一眼カメラを作っています。 販売しています。 大きく分類するとGFXシリーズXシリーズに分かれます。 GFXシリーズは大型タイプ。 Xシリーズは小型軽量タイプ。 X-Pro3 は、Xシリーズの中にあります。 Xシリーズのカメラは、X-Pro3 の他にも何種類かあります。

ミラーレス一眼カメラ系(レンズ交換式)

  • X-H1
  • X-Pro3、X-Pro2
  • X-T3、X-T2
  • X-T30、X-T20
  • X-T100
  • X-E3
  • X-A7、X-A5

コンパクトデジカメ系(レンズ固定式)

  • X100F
  • XF10
いろんな種類のカメラがあります。 どれが最上位機種かというのは、はっきりしていないようです。 ユーザーが選んだカメラが最上位機種という考え方だと理解しています。 それぞれの機種にそれぞれの特長があります。

今回発表された X-Pro3 の特長

光学式ファインダーと、開かないと見えない液晶モニター

ファインダー

最近のデジタルカメラに付いているファインダーの多くは、電子ビューファインダー。 像がデジタル化されているわけです。 一方、光学式ファインダーは、外の景色をそのまま見る方式です。 動きのある世界を切りとるには、今のところ光学式ファインダーが有利という考え方があります。 今のところと付け加えたのは、電子ビューファインダーも進化していくからです。
目が疲れる
余談ですが、電子ビューファインダーは、とても目が疲れます。 ワタシだけでしょうか? 電子ビューファインダーは、液晶と有機ELの2タイプあります。 旧式が液晶で最近のは有機ELタイプです。 ワタシが使っているカメラは X-E2 という少し古いカメラなので液晶の電子ファインダーです。 有機ELなら目が疲れにくいのかな? 光学式ファインダーなら疲れないのですけどねぇ。。。 目が疲れない電子ビューファインダーを開発して欲しい。 ワタシが一番求めているところは、そこかもしれません。 富士フイルムさん、お願いします。

隠し液晶モニター

もう一つの特長。 液晶モニターを隠していること。 カメラのレンズの反対側に液晶モニターが付いてますよね。 普通は。 それがね、開かないと見えないのです。 こちらは賛否両論ありそうです。 本来 X-Pro は、撮る前の準備段階で設定しておき、撮る時、撮った時には液晶モニターで確認しないカメラです。(個人的見解) 開かないと見えない液晶で、何か問題があるのかな? と思ったり思わなかったり。。。 「ハイアングル、ローアングルはどうするの?」 という意見もあるようです。 ノーファインダーではダメですか? と思ったり思わなかったり。。。 つまりね、X-Pro3 は、 [st-point fontsize=”” fontweight=”bold” bordercolor=””]ファインダーを覗いて撮ってください。 高い位置からとか、低い位置から撮る場合は、勘を働かせてファインダーを覗かずに撮ってください。撮った写真は、いま見ないで!お家に帰ってから確認してください。お願いだよ![/st-point] というカメラなんですね。 X-Pro3 は、撮る人を選ぶカメラのようです。 価格的にもね。 他にも挑戦的な個性があります。 詳細は公式ページをご覧ください。  FUJIFILM X-Pro3 | Cameras | 富士フイルム Xシリーズ & GFX アマゾンでは予約始まってます。 → FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 ブラックFUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 DRシルバーFUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-Pro3 DRブラック 今日も元気に楽しく]]>