低気圧で吐き気・めまい・頭痛で気持ち悪い。対策は?

低気圧と頭痛 はい、頭痛持ちです。

頭痛の時期と症状

頭痛に悩まされる人は多い。Googleトレンドで「頭痛」を調べてみると2010年頃から右肩上がりで検索トレンドが上昇しています。 4月下旬(穀雨の頃)の春の嵐の季節、6月の梅雨、台風シーズンの9月。 この時期の頭痛・偏頭痛は、こめかみや後頭部を刺すような吐き気やめまいを伴うこともあります。 低気圧の勢力が強くなる時期に重なります。

頭の痛みの原因

頭のどの部分が痛むのでしょうか? 脳の血管の変化(拡張・収縮)により、神経を圧迫し痛みを感じるのだそうです。

脳の血管を変化させる要因

その脳の血管の変化を誘発する要因のひとつが低気圧なのだそうです。 あくまでも要因のひとつということであり、その他の要因が存在または混在していることも考えられます。 低気圧が近づく度に頭痛と吐き気なんてたまりません。サプリでなんとかなれば簡単なんですけどね。  90%以上の方が実感!!本気で悩む方に向けた頭痛解消サプリメント ⇒ こういうのって効くのでしょうか?でも効く可能性があるのなら試してみたいくらい痛い時は辛いわけです。

漢方的対策

漢方医学的には「水毒症」と言ったりするようです。  今日は二十四節気「穀雨」春の嵐に注意!
漢方医学的に考えた場合、悪天候の前に頭痛を起こしやすい代表的なものは水毒証(すいどくしょう)と呼ばれる状態です。 日本は海に囲まれた島国なので、水毒証の人が多いのです。 頭痛に関して言えば、ズキンズキンと脈うつ頭痛、雨天時に悪化する、むくみやすい、めまいがする、たちくらみがするというような症状を自覚することが多いでしょう。悪天候に反応して、身体の中の水の分布が乱れたために、頭痛がひどくなると考えます。
天候が悪くなると身体の中の水分バランスが崩れて頭痛を引き起こすのだそうです。 したがって対処法としては、
身体の中の水の分布を改善するための処方や生活習慣が重要になってきます。
ということです。 具体的な対処法は『今日は二十四節気「穀雨」春の嵐に注意!』を参考にしてみてください。 食べるものと運動。 やはり大切なのはこれなんですね。

スマホアプリで対策

低気圧が頭痛の要因ということは医学的にも認められているそうです。  台風の多い秋は注意が必要?知っておきたい低気圧と頭痛の関係
急激な気圧の変化により体が低酸素血に陥った場合、脳圧に変化が生じて頭痛を引き起こす要因となることがあります
気圧の変化を事前に知っておくことをすすめています。 そこでおすすめしているのがスマホのアプリ。 頭痛〜る  頭痛~る 気圧予報&簡単!!頭痛ダイアリー~雨の日の喘息にも[Android]  頭痛~る 気圧予報&簡単!!頭痛ダイアリー[iOS] 「頭痛警報」なるものを発してくれるのだそうです。 使って損はなさそう。 というか私も頭痛持ちで喘息持ちなので即ダウンロードしました。

スマホアプリ「頭痛〜る」の使い方

ダウンロードしてアプリを起動するとまず「地点登録」をします。 地点登録 都道府県を選ぶとさらに細かく地点を選ぶことができます。 画面を右にスライドしていくと今後の予報が見えてきます。 大きく下降する日時を調べてみました。 下降予報 私の地点では4月24日の朝8時頃から大きく下降していく予報になっています。 低気圧までには下降しないようなので少し安心です。 頭痛に気をつけたいと思います。 ちなみに、日曜の夜に耐えられなくて頭痛薬を飲みました。 その時のデータを振り返ってみますと、 警報 ばっちり、低気圧接近 警戒のマークが付いていました。 あまり薬に頼りすぎるのも良くありません。 ちょっと横になってるだけでいいのか、頭を冷やすのが良いのか、薬を飲んだ方がいいのか… などの判断に使えるのではないかと思いました。

本で知識を得る

頭痛にはいろんな原因があります。原因が異なれば対策も違ってくるはずです。頭痛薬ではどうにもならない原因もあるかもしれません。頭痛を知るための本を10冊ご紹介しています。  頭痛薬が効かない?本当の原因は?頭痛を知るための本おすすめ10冊。 頭痛は足指でよくなる!]]>