京都嵐山 渡月橋の周辺。この石像は何?

嵐山法輪寺の紅葉」の記事を書きました。

京都嵐山フォトウォークのその後

渡月橋

その後、続きがありまして、渡月橋の方も撮ってました。 今では渡月橋ですが、その昔は法輪寺橋と呼ばれていたとか。 [caption id="attachment_27241" align="aligncenter" width="453"]京都嵐山 渡月橋(法輪寺橋) 京都嵐山 渡月橋(法輪寺橋)[/caption] この橋はいつもたくさんの人を乗せております。 雨の季節になると、この橋を流さんとばかりに轟々と川が流れるのが不思議なくらいのどかです。

大堰川

少し西に歩くと「堰」があります。 この川、大堰川といいます。 ここから北は保津川、南は桂川。 どこからどこまでが区切りなのかは知りません。 [caption id="attachment_27242" align="aligncenter" width="1020"]京都嵐山 大堰川と屋形船 京都嵐山 大堰川と屋形船[/caption] 屋形船が行き来するさらにのどかな風景を見ることができます。

南岸から北岸を見る

また、さらに西に進む。 対岸の茶屋と紅葉が絵になります。 自動販売機が似合わない。 と一瞬思うが、改めて眺めてみると案外マッチしてたりするのが楽しい。 [caption id="attachment_27243" align="aligncenter" width="1020"]渡月橋 茶屋と紅葉 渡月橋 茶屋と紅葉[/caption]

琴が瀬茶屋

保津川(大堰川)の南岸を西に歩いております。 しばらくすると、あま酒やらいか焼きやらが誘いかけてきます。 [caption id="attachment_27244" align="aligncenter" width="1020"]琴が瀬茶屋 琴が瀬茶屋[/caption] 琴が瀬茶屋というそうです。 なんと100年以上も続く歴史のあるお店なのです。

人力車 えびす屋

渡月橋の方へ戻りまして、保津川の北側に移ります。 住宅街を歩いてると人力車と何度もすれ違います。 巣がある? ありました。 [caption id="attachment_27245" align="aligncenter" width="1020"]人力車 えびす屋 人力車 えびす屋[/caption] ここから嵐山中を四方八方駆け回ってるのでしょうね。

旧小林家住宅

住宅街を歩いてると、三脚を立てた写真家が陣取りしてました。 住宅街です。お店の前です。 三脚はやめておきません? と思いつつパチリ。 [caption id="attachment_27246" align="aligncenter" width="1020"]旧小林家住宅 旧小林家住宅[/caption] で、旧小林家って何ですか? 立て札がありました。 [caption id="attachment_27247" align="aligncenter" width="1020"]旧小林家住宅看板 旧小林家住宅看板[/caption] 京都府指定文化財であることは理解しました。 中に入ることはできるのかな?

嵐山羅漢

小林さんって誰だろう… いろんな小林さんを思い浮かべながら歩いてると、石にされた観光客がたくさんいました。 [caption id="attachment_27248" align="aligncenter" width="1020"]嵐山羅漢 嵐山羅漢[/caption] 違いました。 嵐山羅漢というものです。 悟りをひらいた偉い人たちの石像だそうですが、とても愛嬌のあるお顔をしてます。 でも、ここを夜に通りたくありません。 第3回 京都フォトウォークは予定通り北野天満宮に行ってまいりました。 受験祈願でしょうか?学生さんたちがわんさか来ていました。 フォトレポートお楽しみに。  京都散策2016 嵐山 紅葉の時期は?  京都嵐山の展望台。千光寺大悲閣から保津川を見下ろす。市外の街、比叡山も見える眺望。  京都嵐山 法輪寺周辺の紅葉。]]>