京都嵐山 法輪寺周辺の紅葉。

第1回 京都カメラ散歩の記事でのお知らせ通り第2回は嵐山を歩いて来ました。 [caption id="attachment_27261" align="aligncenter" width="453"]阪急 嵐山駅 阪急 嵐山駅[/caption]

第2回 京都カメラ散歩|嵐山の紅葉

嵐山の最寄りの駅

嵐山の最寄りの駅は3つありまして、一番北っ側がJRの嵯峨嵐山駅、一番南が阪急嵐山駅、真ん中に嵐電嵐山駅があります。 上の写真は一番南、阪急の嵐山駅のホーム。 今回目指す法輪寺も近い。 写真の駅名看板にも虚空蔵法輪寺の広告が掲げられています。 この法輪寺は十三まいりで有名らしい。 先月3日に知恵を授かりに息子を連れて行ってきたのは前回の記事にも書きました。

法輪寺へのルート

法輪寺に行くにはルートが2つあります。 阪急嵐山駅からの正面ルート。 渡月橋側から行く抜け道ルート。 行きと帰りで両方通るのがよろしい。 但し渡月橋の北側から行くのが正式な参拝ルールなのでご注意を。 法輪寺への行き方 正面ルートは大きな階段を上がる。 その手前にお地蔵さんがある。

二つの地蔵

[caption id="attachment_27263" align="aligncenter" width="453"]京都 法輪寺 地蔵と祠 地蔵と祠[/caption] ですが、一つは祠の中。一つは外。 どちらが先にあったのかちょっと気になりました。 京都は本当にお地蔵さんがたくさんある。 icon-bookmark 京のお地蔵さん

うるしの寺

正面ルートから上がる階段にかかる紅葉はとても綺麗です。 朝の早い時間だと人が少ないので撮影チャンス。 午後だとなかなかタイミングが難しいかもしれない。 [caption id="attachment_27264" align="aligncenter" width="1020"]京都 嵐山 法輪寺正面階段 法輪寺正面階段[/caption] 写真の右下に「うるし」という字が見えます。 この法輪寺は十三まいりだけではなく漆も有名だそうです。 漆の製造法がこの法輪寺で完成されたそうで、毎年11月13日の「うるしの日」には漆業者の人たちが参拝するのだそうです。 「うるしの日」の旗があちらこちらになびいていました。 どうしても写真のフレームに入ってきます。

虚空蔵大菩薩 法輪寺

[caption id="attachment_27265" align="aligncenter" width="1020"]京都 嵐山 虚空蔵大菩薩 法輪寺 虚空蔵大菩薩 法輪寺[/caption] しっかりした作りの建物ですが、713年行基が開祖した寺院であり、とても歴史があります。 十三まいりは、この中で行います。 神仏習合のなごりなのか、神社のようなお寺です。 手前脇には電電宮という鎮守社もあります。 写真を撮り忘れていますが、狛犬?もいます。 牛と虎と羊。 羊だけ小屋に入ってました。 紅葉も終わりが近づいてますか? まだ大丈夫ですよね? 第3回 京都カメラ散歩は、北野天満宮の予定です。  京都散策2016 嵐山 紅葉の時期は?  京都嵐山の展望台。千光寺大悲閣から保津川を見下ろす。市外の街、比叡山も見える眺望。  京都嵐山 渡月橋の周辺。この石像は何?]]>