デジタルメディア

501エラー|Not Implemented の解決方法

投稿日:2019年6月18日 更新日:

-, , , , , , , , ,

WordPress更新時に501エラー|Not Implemented が表示されたときの解決方法

WordPressの過去記事を修正して更新しようとしたときに「501 Not Implemented」と表示されて更新できないことがあります。
急いでるときにそんな表示されたらどうして良いのかわからなくて困りますよね。今回は特に急ぐ必要の無い自分のブログの過去記事修正です。落ち着いて解決策を考えましょう。
まず、サーバエラーなのでWordPressの設定を変えたりしても解決することはなさそうです。サーバー側の設定を触る必要がありそうです。
他のページは普通に更新ができる状態です。特定のページだけ「501 Not Implemented」が出てしまいます。
当ブログはエックスサーバーを利用しています。エックスサーバーはセキュリティ向上のためのいくつかの設定があります。そこで何か引っかかっているのではないかと推測します。
怪しそうなのが「WAF設定」。

WAF設定

その中にいくつかの項目があります。

WAF設定項目
6つのセキュリティ対策があります。 は見えないところでこれだけの対策をしてくれているのですね。とても助かります。

6つの安心なのですが、今回どの項目が引っかかっているのかわかりません。全部OFFにするという方法もありますがちょっと不安です。
ひとつひとつ確認していくしかありません。
がしかし設定変更が反映されるまで最大1時間程度かかります。
6項目なので6時間?
それは時間がかかりすぎ。
このページだけだし諦めようかと思ってしまいそうです。
一つだけでも試してみましょう。
エラーの内容はこうです。

アクセスしようとしたページは表示できませんでした。
このエラーは、実装されていないメソッドでのアクセスがあったことを意味します。
以下のような原因が考えられます。
対応していないメソッド(MOVE/COPYなど)を使用した。

MOVE/COPYメソッドという表記があるのでデータベースがらみでしょうか?よく分かりませんがきっとそうです。一番怪しそうなのは「コマンド対策」と推測。
「コマンド対策」を一時OFFにします。

コマンド対策反映待ち

すぐには反映されません。1時間ほど待ちます。

コマンド対策OFF

コマンド対策がOFFの状態になりました。
501エラーが表示されていたページがあっさり更新できました。
更新したら「コマンド対策」をONに戻しておくことを忘れないように気をつけましょう。

まとめ

今回の場合は「コマンド対策」のON OFF で解決できました。今後、他のページでも同様のことが起きた場合、同じく「コマンド対策」だけで解決できるかどうかはわかりません。できなければ他の方法も試す必要があります。
WordPressの記事更新で501 Not Implemented エラーが表示されたときの解決方法でした。
サーバー会社によっては電話などで連絡して対処してもらう、というようなレンタルサーバーもあるようです。エックスサーバーで良かったです。
今日も元気に楽しく

-デジタルメディア
-, , , , , , , , ,

Copyright© ミラーレス一眼カメラとオールドレンズで撮る草花ポートレート写真 , 2020 All Rights Reserved.